多 文化 社会 アメリカ

アメリカ

Add: ykisuve23 - Date: 2020-12-12 01:38:22 - Views: 6261 - Clicks: 4507

「多文化主義」には、 どんなメリットがあるでしょうか? 大まかに2つに分けて解説したいと思います。 1つ目は、 「文化の対等性」です。 「多文化主義」が生まれる前は、 「文化」には対等性がありませんでした。 わかりやすい例として、 ヨーロッパの国々が行った 「植民地主義」があります。 「植民地主義」とは、 「他国の領土をどんどん支配していこう」 という考えのことです。 実際に「植民地主義」により、 15世紀~20世紀頃のアジアやアフリカは、 多くの土地を支配されてしまいました。 当時の主流としては、 「少数民族は、支配的民族に同化すべき」 という考えでした。 多 文化 社会 アメリカ しかし、 この考え方だと、少数民族の文化は 全く尊重されていないことになります。 こうした流れで出てきた考えが、 「多文化主義」だったのです。 「多文化主義」は、 文化の価値を平等視します。 したがって、 「全ての文化を対等にみなす」 というメリットがあるのです。 2つ目は、 「文化の多様性」です。 「多文化主義」は、 一つの国に様々な文化が共存しています。 言いかえれば、 「それぞれの文化の恩恵を受けられる」 ということです。 身近な例で言うと、 「食文化」が挙げられるでしょう。 私たちの身の回りには、 さまざまな食文化があります。 1. いかがだったでしょうか? 今回の内容をまとめると、 「多文化主義」=一つの国家や社会の中で、異なる文化の共存を積極的に進めようとする考え方。 【メリット】⇒「文化の対等性・多様性」 【問題点】⇒「価値観の強制・衝突」 ということでしたね。 「多文化主義」には、 良い面・悪い面の両方があります。 したがって、 「どちらが良いか?」という疑問には、 「正解がない」とも言えるでしょう。 今回は以上となります!. 多文化社会アメリカとメディア 47 以上のような多文化と国民統合に関する議論を背景に,アメリカ合衆国では多 文化とメディアに関する研究が行われてきた。日本においてもこの研究分野は一. Amazonで明石 紀雄, 飯野 正子のエスニック・アメリカ -- 多文化社会における共生の模索 第3版 (有斐閣選書)。アマゾンならポイント還元本が多数。. しかしこの頃に勃発した第一次世界大戦(1914-15)は、こうした声をかき消して「アメリカ化」に一段と強制力を与えていた。 セオドア・ルーズベルトやウッドロー・ウイルソンのような移民に対して友好的だった大統領でさえ、危機のさいには帰化米国人は彼らを受けいれた国以上にそれぞれの故国にたいし一層の忠誠心を抱くのではないかと心配したのである。 ドイツの潜水艦が「ルシタニア号」を沈没させた事件(1915年5月7日)の三日後、ウイルソンは、フィラデルフィアにおいて最近の帰化市民から成る聴衆に向けて演説をし、次のように述べた。 「あなた方は、自分をグループ本位で考えるのだったら、完全なアメリカ人にはなりきれないでしょう。アメリカはいくつかのグループで構成された国ではありません。自分がアメリカの中の特定の民族的グループに属していると考えいる人は、まだアメリカ人にはなっていないのです」と。 その二年後、セオドア・ルーズベルトは次のように語った。 「われわれはこの国に〝五分五分〟の忠誠をもつということは許されない。人は、アメリカ人であってそれ以外の何者でもないか、それとも全然アメリカ人ではないか、のどちらかなのだ」と。 また彼は、この世界をもう一つ別の国の立場から見ようとするアメリカ人を非難した。そして、「われわれアメリカ人はるつぼの中の子供、そしてこのるつぼは、その中のものを一つの国民的鋳型に仕上げるのでなければ、その役割を果たしたとはいえない」と述べたのである。. 20世紀の初頭までの移民の多くは、るつぼによって「アメリカ化」することについて、望ましいことだと考えていた。 なぜならアメリカ化することが、出身国の旧習や身分をうちはらって平等な市民となれる道だと考えていたからである。 1880年代から1920年代にかけて3000万人に近い新移民がアメリカに押し寄せた時代には、るつぼ理論は国民統合の神話とも言える役割をはたしていた。 しかしそのころ、今度は民族派の代弁者が現れはじめる。ザングウィルと同じユダヤ系の人々の中に、『メルティング・ポット』を酷評するものがあらわれたのである。 その一人は、次のように言って彼の「るつぼ」を批判した。 「わが友よ、君にも私にも事態はいっそう悪いではないか。われわれもその坩堝に放り込まれて溶解されることになるのか?」と。 このように一部の、アングロサクソンの血統のものさえが、無味乾燥な英国中心主義への適応のために、個性豊かな異国人の素質が抹殺されることを嘆きはじめたのである。 多 文化 社会 アメリカ またこのころ、そうした感情的な批判とは別に、事実問題として、るつぼの機能不全も露呈しはじめていた。 というのは南北戦争終結から第一次世界大戦までの間に、イギリス系とは異なる文化をもつ東欧、中欧、中国からの移民たちが増加し、彼らは小イタリア、チャイナタウン、ヨークヴィル、ハーレムなど、彼ら自身の居住地区を作り上げ、そこで故国の方法そのままではないものの、自分たちの方法で生活するようになっていたからである。 1915年、ユダヤ系アメリカ人の哲学者ホレス・カレンは、るつぼという考え方は、事実としても理想としても妥当なものではないとし、民族の絆は、自由に選択された帰属とは違って非自発的かつ不易なものだと主張した。そして彼は、民族性は不易であり、一つの文化に同化することはできない以上、むしろ多様な文化を認めることが、アメリカ社会を豊かにするのだという評論を『ネーション』誌に寄稿する。 「人びとは、その衣服、政治、配偶者、宗教、哲学を、多かれ少なかれ変えることができよう。しかし人びとは、彼らの父祖を変えることはできない。ユダヤ人であれ、ポーランド人であれ、あるいはアングロサクソンであれ、ユダヤ人、ポーランド人、アングロサクソンでなくなるためには、自らの存在そのものを否定することになる」 「(むしろこの国は)国民文化の連邦ないし共同. .

多文化主義とは慶応義塾大学の塩原氏によれば「国民社会の内部における文化的に多様な人々の存在を承認しつつ、それらが共生する公正な社会を目指す理念・運動・政策」を指す言葉です。英語ではmulticulturalismといいます。本記事では多文化主義の意味や定義、歴史、多文化主義がかかえる. 異文化間の婚姻をはじめとする「新文化」の生成流転も激しい。 そういう意味で「多文化社会」の危うさの中で生きる一部の米国人で、 発音にしろ、綴りにしろ、自称をかえていることを、親と違うことに頓着しないひとたちも多い. · 「アメリカでこれがどれほどうまくいっているかを考えると、これは欧米をつぶしたみたいに日本をつぶす」 「白人でアメリカ人だけど、日本へ。やめてくれ。多民族社会は分断と不信を生むのみ。メルティング・ポットはうまくいかない」. 多 文化 社会 アメリカ それゆえ,多文化教育の先進国であるアメリカにおける多文化的歴 史教育論と「多様性」・「公共性」の両者に尊重した教育実践(カリキュラムや教科書等の 教材を含む)の検討を通して,日本における多文化共生社会の教育のあり方について考察を 行っ. 「ハンバーグやステーキなどの肉料理」 2.

Ⅴ.多文化主義 そこで,今日のアメリカ社会は,次の「多文化主義」multi-culturism になっている。 カール・デグラーは,「サラダ・ボウル論」と名づけ,アメリカの多民族の多様性をより積 極的に評価した。. 多文化主義は、マイノリティー集団に対する政治権力の分配、文化保護・育成にかかわる社会制度整備、政策の積極的推進を要求する。 その際、集団的権利を個人権に優先させるため、 リベラリズム に対しては批判的である。. 多文化主義がもたらす最大の問題は、イギリスの法律が不平等に適用されているということです。例えば法律上、結婚は1人の人とすると定められています。男性が同時に複数の女性と結婚した場合、つまり一夫多妻制は違法となるため刑務所行きとなりますが、この文化が一般的となっている国もあります。 では、このような文化を持つ国の人々がイギリスに移り住んだら、一体どのようなことが起こるのでしょうか?多文化主義はすべての文化が平等であると主張していますが、国の法律では認められていません。 白人のイギリス人がこのような犯罪を犯すと逮捕、起訴されることが多いです。しかし、少数民族の人が同じことをしても、それが彼らの文化の一部である場合は警察は何もせずにほとんど見過ごしています。なぜこのようなことが起こってしまうのか、疑問に思う人もいるかもしれません。それは犯罪を犯した少数民族に対して何か行動を起こすと「人種差別主義者」と罵られ、それを恐れているからです。要するに多くの状況において警察と裁判所は、犯罪を犯した人の人種的背景に応じて法律を適用しているのです。 他国の人々の多文化主義が原因となり、イギリスの法律に違反しているいくつかの大きな事例があります。これらの犯罪は見過ごされていますが、私はこの詳細についてここで挙げることはできません。ほとんどの人が上記の例から、さらに深刻な状況が起こっていることを理解できると思います。 多文化主義とは、ネイティブのイギリス人のための法律と他文化の人々のための別の法律があることを意味し、これは公平を重視するイギリス人の大きな怒りを引き起こすこととなります。. アメリカ文化の特徴や国民性について 1-1 アメリカ社会は「人種のるつぼ」 アメリカは「人種のるつぼ」、あるいは近年は「人種のサラダボウル」と呼ばれる多民族国家で、様々な人種の人々が共存しています。. 多文化社会アメリカとメディア : 人種・ジェンダーの表象を中心として(多文化社会とメディア).

人種間抗争 かつて,アメリカ社会は,色々な人種が1つに 同化する(assimilate),いわゆる「人種のル、ソボJ (melting pot) 訟1を夢見ていたが,現代は,文化の. アメリカ大統領選挙. 年、当時の首相デイヴィッド・キャメロンは「多文化主義は失敗に終わった」と演説しています。多くの政治家は多文化主義が失敗し、とても不評だったことを認識していたにもかかわらず、まだ促進しようと力を入れていました。 イギリス国民はこれについて非常に腹を立てています。多くのイギリス人は多文化主義を望んでいるかどうかについては尋ねられたことはないと言っています。政府は、国民の同意なしでイギリスは多文化になる必要があると決めたのです。多くのイギリス人が多文化主義のせいで今まで以上に国がバラバラになり、社会的な結束が崩壊していると言っています。ほとんどの場合は政府が起こした問題ですが、国民はこの結果に苦しみを強いられているのです。 最近では多くの多文化運動家が、イギリスは常に多文化であると述べています。例えばケルト人、ローマ人、アングロサクソン人、バイキング、ノルマン人などの例を挙げ、イギリスはいつも異なる人種を互いに持っている多文化社会であり、共に平和に暮らしていると言っています。しかし言及しなかったのは、これら全ての民族がイギリスを侵略したか、暴力的な戦争を起こし多くの紛争があったということです。イギリスの歴史を知っている人であれば、アングロサクソンとバイキングは平和な共存をしていないということは知っているでしょう。 通常、多文化主義を促すネイティブのイギリス人のほとんどが、白人の人口密度が最も高い地域に住んでいます。彼らは、他国から移住してきた人が多くいる地域には住んでいません。また100%異文化に変わった地域にも住んでおらず、多文化主義が起こった結果には直面していないのです。このような人々が他の多文化を嫌う白人に対して、多文化主義、人種差別主義、ファシズム信奉者または外国嫌いという風に呼んでいるのです。 ほとんどのイギリス人にとって多文化主義とは、異国間のコミュニティが更に分離され、英語を話せる人が少なくなり、更に多くの地域が危険にさらされ、イギリスの文化は徐々に浸食し外国文化に代わることを意味します。多文化を望んでいないイギリス人にとって、イギリスで多国籍料理が食べられるということはほんのわずかな利点にしかすぎないのです。 以上が、イギリスの人々が多文化主義に対して否定的な見方をしている原因です。. 一方で、 「多文化主義」にも問題点はあります。 1つ目は、 「価値観の強制」です。 この問題点は、 「文化相対主義」の内容とも似ています。 「文化相対主義」については、 以下の記事を参照してください。 多 文化 社会 アメリカ >>文化相対主義とは?具体例や問題点を解説 「多文化主義」は、 個々の文化の価値を平等視する考えでした。 「価値を平等に考える」 ということは、逆に言うと 「すべての文化を相手に認めてもらう」ということです。 イメージ的には、 1. 多 文化 社会 アメリカ すべての国籍の個人が溶け合い、アメリカ人という「新しい人種」が生まれているとクレヴクールは言った。 とはいえ実際の「るつぼ」は、植民者が対等に溶け合うというものではなかった。 なぜなら過去アメリカに植民した英国人は、ライバルであったフランス人、スペイン人、およびオランダ人を北アメリカの殆どの地域で押しのけて、自分たちの価値観を基準に自由に国造りをすることができたため、この新しい国の言語、法律や制度、政治理念や文学、そして慣習や戒律は、いずれもが主としてイギリスに由来するものになっていたからである。 つまり「同化」とは、事実上、この英国系プロテスタント文化への同化を意味していた。 この同化方式は「アメリカ化」(アメリカナイゼーション)と呼ばれ、長くアメリカ人になるということは、この「アメリカ化」することを意味していた。 駐米英国大使ジェームス・ブライスは、著書『アメリカ共和国』(1888年)のなかで、アメリカの制度と習慣と理念は、あらゆる人種の新参者に対して驚くべき溶解力を発揮し、その集団に注ぎ込まれる異分子を急速に溶かして同化してしまうと書いた。 1929年にアメリカを訪れたスウェーデンのグンナー・ミュルダールは、こうした一群の理念、制度、および慣習を「アメリカ的信条」と呼んだ。学校はこの「信条」の原則を教え、教会はそれを説教し、法廷はそれに準じた判決をくだした。この「信条」こそが非白人系少数民族を含むアメリカのすべてを結びつける絆であり、アメリカ人がその原則に恥じないように行動することを絶えず励ます拍車でもあると1944年にミュルダールは書いたのである。 しかし20世紀という時代は、この「るつぼ」への賞賛がつづく一方、それとは反対の考え方も登場させていくことになる。. アメリカ, イマニ由加利, ダイバーシティ, 多文化理解, 多文化社会, 異文化理解 アメリカ留学 ハリウッド映画顔負けのスケールとストーリー展開で日本でも人気を誇る海外テレビドラマ。.

. 1759年、フランス革命前のフランス、つまり専制君主制で厳しい身分制の社会からアメリカへ移住したクレヴクールは、英国人、スコットランド人、アイルランド人、フランス人、オランダ人、ドイツ人、そしてスウェーデン人などによって構成された、混血の社会にまず目を見張った。 クレヴクールはこの驚くべき社会について、その著書『アメリカ農民からの手紙』(1782)のなかで次のように語っている。 彼らは旧い因習に囚われることなく、自らの根源を断ち切って、まったく新しい文化と新しい原理にもとづいて行動する新しい人々である。ここではすべての国籍の個人が溶け合い新しい人種となっているのだ、と。 大西洋をわたった勇猛な人々にとってアメリカとは、陰鬱な過去を捨て去り、他に類を見ない平等な国民をつくりあげるための国であり、古い文化を保存するのではなく、自ら新しいアメリカ的文化を鍛え上げていく国であった。 クレヴクールをはじめとするアメリカ植民者が思い描いたこうしたアメリカの理想像は、とくに独立戦争以降、アメリカ人に広く受け容れられていくことになる。 そしてこの考え方は、20世紀に入るとあの名高いメタファを得る。 『The Melting-Pot』(るつぼ)― 1908年、ロシア系ユダヤ人のザングウィルがワシントンで上演した劇の名前がそれである。. アメリカの移民の民族集団は、表面的には十分にアメリカ人になっていながら、自分たちの地位がしっかりすればするほど、祖国の文学や文化的伝統を根気強く育てようとする傾向があり、スカンジナビア人、ポーランド人、ドイツ人が、意識して自分たちの伝統文化を保存するよう努めていた。 大戦中に高まったドイツ文化排斥の機運に対して、若手の評論家であったランドルフ・ボーンは反対の立場から論陣を張った。1916年7月『アトランティックマンスリー』に寄稿した評論で、ボーンは文化にこだわる移民たちを次のように擁護した。今日のアメリカ人は「アメリカ化」を当前視しているが、初期の植民者たちは、その後の植民者たちと同様に、植民の動機でやってきたのである。彼らはメルティング・ポットに溶解されようと思って来たのではないし、アメリカ・インディアンの文化を取り入れようとしてやって来たのでもない、と。 カレンやボーンの考えは、当時としては斬新すぎて、受け入れたのは学者や芸術家など、一部の層に限られていた。 またこうした多文化主義は、合衆国を分裂させバルカン化をもたらすと警告する者もいた。しかし当時合衆国の政治的一体性は所与のものとされており、それが損なわれる危険性について疑う者はまだ少なかったのである。 しかもこのカレンやボーンでさえ、このとき念頭にあったのは欧州系の文化だけであり、アジア系やアフリカ系を含んだ文化については、その想定には入っていなかった。 カレンは黒人に触れたのは脚注の中の一箇所だけであったし、ボーンも1916年の評論でアジア・アフリカ系については言及していないからである。*3. Galloway裁判 ①“歴史”に依拠した宗教的慣行の合憲判断. 大至急!アメリカの多民族多文化社会について詳しく知りたいです。どのくらいの民族が存在し、どれくらいの文化があるか。など アメリカ社会のなかで、どのような人々がいるのか、そのことについては、センサスの結果を参照すると良いでしょう。ビンセント・パリロのテキストをもとに. 多文化・多宗教社会アメリカにおける政教関係 -Greece判決(年)を中心として- 佐 藤 圭 一 目 次 1.連邦最高裁判所の変容(序を兼ねて) 2.多文化・多宗教時代を象徴するTown of Greece v.

南北戦争から20世紀の初頭にかけて、急速な産業化をとげたアメリカには、ヨーロッパやアジアの途上地域から多くの移民が押し寄せていた。しかしるつぼの機能不全や第一次大戦の経緯もあって、先住市民たちは「新移民」に対して、より強い文化的・社会的な警戒心を抱いていた。 1924年の移民法改正はこの先住市民の警戒心を反映したものとなった。すなわち、新移民の流入を抑制し、産業化、都市化以前の人口構成を保持し、アングロ・サクソン系およびプロテスタントによる支配を中核とする人種民族的、社会的、文化的秩序を守ることを目的とすることになった。この改正移民法の中核をなした原理が原国籍割当制である。 原国籍割当制の目的は、事実上、欧州以外からの移民を制限することにあった。 しかし第二次世界大戦を経てヒトラーの人種主義が批判されるようになると、原国籍割当制を続けることはむずかしくなり、1965年の改正移民法でそれは廃止されることとなった。 多 文化 社会 アメリカ このあと、移民の再流入および公民権運動で黒人をはじめとする国内の少数派が本格的に社会参加するようになると、かつてカレンやボーンがとなえた(正しくは、その想定を超えた)多文化主義の時代に本格的に突入することになる。 この多文化主義はやがて新たに「サラダボウル」というメタファを得ることになる。 「多様な人々」がるつぼの中に溶かされることなく、その民族性を誇りあう、それがアメリカの強みなのだという理想をあらわすメタファである。 *1) 『アメリカの分裂』では「文化多元主義」という用語が使われているが、ここでは一般にもなじみのある「多文化主義」を用いることにした。ちなみに「文化多元主義」は私的領域における文化的自由を意味し、「多文化主義」は公的領域においても尊重されることを意味する言葉のようである(後者のほうが自由度が高い)。なおここでは簡単のため両者の区別はしない。 *2) ランドルフ・ボーンの主張については『史料で読むアメリカ文化史』(4)を参照した。 *3) 村井忠政「多元主義者によるメルティングポット論批判―メルティングポット論の系譜(2)―」 (PDF) p. 多文化主義は1970年代にカナダ、オーストラリアで政策に取り入れられ始め、その後、イギリスやスウェーデン、フランス、アメリカなどでも程度の差はあるものの、多文化主義の考え方が導入されるようになった 。. アメリカの分裂 1. (17)アメリカ合衆国(2) ~多文化共生社会に向けて~ 世界のさまざまな地域からの移民を受け入れてきたアメリカ合衆国は、「人種のサラダボウル」と呼ばれる多民族・多文化の社会を築いてきた。. 「文化なんだから、いいでしょ?」 このような感じですね。 例えば、一つの民族の間に、 「いけにえ」の文化があったとします。 「いけにえ」とは、 「生きた動物を殺して神様に捧げる儀式」のことです。 とても残虐な風習ですよね。 しかし、 「多文化主義」の考えだと、 このような風習も認めなくてはいけません。 もしも自国内に 「いけにえ」を美化する移民が入ってきたら、 その考えを共有しないといけないのです。 2つ目は、 「価値観の衝突」です。 「文化を共存させる」ということは、 リスクをともなう場合があります。 例えば、 「キリスト教」と「ユダヤ教」は、 比較的価値観が近い宗教だと言えます。 なぜなら、 同じ一つの神様を信じている宗教だからです。 一方で、 「キリスト教」と「仏教」は、 全く正反対の考え方です。 「キリスト教」は、 「世界に神様は一人しかいない」という考えです。 一方で、「仏教」は、 「全てのモノに神様が宿る」という考えです。 もしも、それぞれの宗教を信じる人が、 一緒に生活することになったらどうでしょうか? うまくいくイメージがわきませんよね。 最近の例だと、 ヨーロッパでは多くの人種を 労働者として受け入れました。 その結果、イスラム教徒が多数移住し、 国内にもう一つの国があるような 状態になってしまったのです。 当然、考えが違う人同士が集まれば、 紛争などは起きやすくなります。 このように、「多文化主義」とは、 文化同士を衝突させる可能性があるわけです。. 5 「多文化による市民社会. まずは、 「多文化主義」の意味です。 「多文化主義」とは、 「一つの国家や社会の中で、異なる文化の共存を 積極的に進めようとする考え方」です。 簡単に言うと、 「一つの国で色んな文化を認めよう!」 という考えですね。 元々この言葉は、1970年以降の 「カナダ」や「オーストラリア」で 誕生したと言われています。 今では、 「カナダ」や「オーストラリア」は、 一つの国として独立していますよね? 多 文化 社会 アメリカ ところが、 昔は「イギリス」に支配されていた という歴史があります。 そのため、 現在でも原住民や白人の子孫など、 複数の民族・言語・文化が入り混じっているのです。 このような国では、 お互いの文化を共存する政策を行っています。 例えば、 「学校教育で、複数の言語を教える」 ようなことです。 普通の国であれば、 「母国語」を中心に言語を学ぶと思います。 日本で言えば、義務教育で教えるのは せいぜい「日本語」と「英語」くらいですよね。 しかし、 多文化主義の国では、 複数の言語を文化として持っています。 そのため、多種多様な言語を 子供に教えているわけですね。 このように、「多文化主義」とは、 自国内で複数の文化を共存させ、 お互いを認め合う考えのことを言うのです。. アメリカ社会は、さまざまな文化圏の人々が一緒に暮らしている多民族国家です。 「人種のサラダボウル」とも言われています。 ヨーロッパから渡ってきた白人や南米からの移民、奴隷制度のあった時代に連れてこられた人々の子孫など、さまざまな人種.

(3)人間の安全保障と多様な文化・生き方 第3節 多文化共生と新たな文化・社会の創造を目指して (1)多様な構成員と多様な可能性 (2)統合された多文化共生 (3)南北アメリカ大陸と日本を結ぶ日系人 多文化共生社会とは、「国籍や民族の異なる人々が、互いの違いを認め合い、対等な関係を築こうとしながら生きていける社会」のことです。 まず、「多文化共生」という言葉に関して、様々な定義があります。. まず一つに、多様な種類の飲食店があることが挙げられます。特にロンドンのような都心では、皆さんが思い浮かべるほぼすべての多国籍料理店を見つけることができるでしょう。イギリスは多文化であるため、他国の人々がイギリスに母国の料理を取り入れるようになったと言われています。これはイギリス人にとって様々な食事の選択肢が増え、食文化に対してさらに興味を持つようになることを意味しています。 もう一つの理由として、広い心を持った社会を創る手助けになると信じている人達がいるからです。肌の色や人種の背景が異なる社会が多様化すれば人種差別は減り、同じ社会で暮らすことに慣れていくと人々は言います。 そしてもう一つのポイントは、多文化な国には国際的な利点があると言う人がいます。もしあなたがいる社会に世界中の人々が存在している場合、他国との取引やネットワークを構築する大きなチャンスがあります。また、イギリスには様々な国から大勢の人が移り住んでいることから、企業では英語以外の言語を使うことができるため会社にとって良い影響となり、イギリス人が多様な言語を学ぶ機会は徐々に増えてきています。 以上を踏まえて、多文化主義が良いことであるという理由を挙げました。 では逆に、なぜ多数のイギリス人はこの多文化主義について否定的な意見を持っているのでしょうか?.

多 文化 社会 アメリカ

email: [email protected] - phone:(444) 345-6946 x 7282

白 魔術 黒 魔術 - シュプール

-> Lagged co
-> ビタミン d 花粉 症 エビデンス

多 文化 社会 アメリカ - トラブル


Sitemap 4

Swinution あいか -