新聞 記者 映画 原作

Add: marewyd78 - Date: 2020-12-09 23:22:05 - Views: 7554 - Clicks: 2918

待望の「新聞記者」を観てきました。 新聞 記者 映画 原作 はっきり言って、観ることを超お勧めします。 星マークを付けるなら間違いなく5つと言いますね。 忘れることができないラストシーンは、どう感じるか考えるかは観客に委ねられています。 ラスト. (C)Cinemarche 映画『新聞記者』の藤井道人監督は1986年生まれ、東京都出身。 日本大学芸術学部映画学科在学中から入江悠監督や鈴木章浩監督の作品に助監督として参加し、その一方で脚本家・青木研次に師事します。 19歳から映像ディレクターとしてCMやPVなどの映像制作に携わったのち、大学卒業後はフリーランスとして活動。オリジナルビデオ作品やインディーズ長編映画などで企画・脚本・監督を務めました。 やがて大学時代に知り合った名プロデューサー・奥山和由の提案で伊坂幸太郎の小説『オー! ファーザー』の脚色を手がけ、その数年後に監督へと抜擢され、年に劇場公開された同作によって商業映画監督デビュー。また、同じく年に公開された『幻肢』では第9回アジア青少年映画祭最優秀脚本賞を受賞しました。 現在は映画監督、脚本家、プロデューサーとして、映画・ドラマ・MV・CMなど幅広い分野で活動。 年には監督・脚本を務めた『デイアンドナイト』(1月公開)、プロデューサーを務めた『LAPSE ラプス』(2月公開)、そして本作『新聞記者』が劇場公開されるなど、その活躍は止まることを知りません。. (C)「新聞記者」フィルムパートナーズ インターネットおよびSNSの普及により、もはやメディアの担い手ではない人間は存在しないであろう現在の日本社会。 その中で、誰もがその存在を察しながらも黙殺を通してきたメディアなるものが孕む致命的な矛盾を、映画『新聞記者』は日本という“形だけいい”民主主義国家を舞台に、あくまでもストレートな物語によって提示しました。 「自粛」「自主規制」のムードが昨今拡大し続ける映画界において、メディアの孕む矛盾とストレートに向き合った姿勢だけでも、本作は評価されるべき作品と言えます。 本作によって矛盾を再認識させられた後、メディアの担い手である人々はその先にどのような結論へと至るのか。 その回答は、本作を鑑賞された人々それぞれに異なるものかもしれません。ですが、その回答は決して現代の日本社会におけるメディアの在り方をネガティブな方向へと駆り立てるものではないことは確かでしょう。 映画『新聞記者』は年6月28日より公開です。. Amazonで望月 新聞 記者 映画 原作 衣塑子の新聞記者 (角川新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。望月 衣塑子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 映画評 film critiques 50音順・敬称略 伊藤恵里奈 朝日新聞記者. See full list on fp-smile. Amazonで望月 衣塑子の新聞記者 (角川新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。.

(C)「新聞記者」フィルムパートナーズ 【公開】 年公開(日本映画) 【原案】 望月衣塑子『新聞記者』(角川新書) 【監督】 藤井道人 【キャスト】 シム・ウンギョン、松坂桃李、本田翼、岡山天音、郭智博、長田成哉、宮野陽名、高橋努、西田尚美、高橋和也、北村有起哉、田中哲司、望月衣塑子、前川喜平、マーティン・ファクラー 【作品概要】 東京新聞記者・望月衣塑子の同名ベストセラーを原案に、河村光庸が企画/製作/エグゼクティブプロデューサーを担当。『青の帰り道』、『デイアンドナイト』などで知られる藤井道人がメガホンを取り、権力の圧力に抗う新聞記者とエリート官僚の葛藤をサスペンスフルに描いた政治ドラマ。オリジナルストーリーだが、現実を彷彿させる鋭い切口が見もの。. 「新聞記者」は、年の映画。 年日本アカデミー賞を受賞して話題になった映画だ。 なんでこの映画が評価されているかといえば、現在進行形で起きている話がテーマにあるから。. いち映画ファンとして、夢の再競演を願って止まない。 【シム・ウンギョン】ヘアメイク:遠山美和子(THYMON Inc. 「無関心は罪」 「中毒性のある映画」 「自分に似ている」 「その勇気に拍手したい」 「気づかなくてはならない」 「映画にした藤井監督の気概」 「政権という「見えない敵」」. 東京新聞の記者・望月衣塑子のベストセラー「新聞記者」(17/角川新書)を“原案”に、政権がひた隠そうとする.

エンディングで、信号の向こうにいく吉岡を見たときの杉原の表情。 杉原が言おうとした言葉。 なんだと思いますか? 藤井監督が、松坂桃李さんに「杉原は最後になにを言おうとしたと思う?」と問うと、監督と同じ言葉を考えていたそうです。 その言葉は、明かされていません。 杉原の言おうとした言葉を、私達に考える余地を与えてくれたことで、結果的にこの作品の余韻が続いているのではないかと思います。 想像して、私達が考える。 考えれば考えるほど、闇を感じる。 それでも、杉原が何を言おうとしたのかを考察すると。 私は、映画の中で杉原が何度も言ったあの言葉だと思います。 そう決断したんだと思いますがどうでしょうか。 →映画『新聞記者』キャストは?田中哲司が怖すぎてはまり役. 『新聞記者』(しんぶんきしゃ)は、年公開の日本映画。 東京新聞所属・望月衣塑子の同名の著作を原案にした、社会派サスペンスフィクション 。若手女性新聞記者と若手エリート官僚の対峙と葛藤を描いている。. 映画『新聞記者』が話題だ。興行収入は今月4日の時点で早々と1億円を突破。7月6~7日の映画興行成績ランキング(興行通信社)では堂々8位に. 新聞記者の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。「怪しい彼女」などで知られる韓国の演技派女優シム・ウンギョンと松坂. ほんとにいい映画でした。 これは、みんなが見たほうがいい。 見なければいけない。 そう思う映画です。 松坂桃李さん、幅広い役柄をこなす素晴らしい俳優さんだと、改めて思いました。。 年は、映画『娼年』でハードなラブシーンで話題になりました。 →映画『娼年』を無料で見る 新聞 記者 映画 原作 年は、サムライ役の『居眠り磐音』 『新聞記者』では、内閣情報調査室官僚として苦悩する姿を演じました。 『ハローワールド』では声優も。 →『HELLO WORLD』キャストと出演声優.

(C)「新聞記者」フィルムパートナーズ 『新聞記者』というタイトルですが、物語は、記者と官僚の対峙と葛藤を描くという構成がとられ、それぞれの立場から真相に近づいていく過程が見どころとなっています。 一方で、新聞記者の面々にもう少しスポットライトがあたってもよかったのでは?という思いもあります。とりわけ、岡山天音扮する正義感のある記者などはもう少し、その活躍を見てみたかったものです。 それでも、一つのスクープを掴むことの並大抵でない様は充分伝わってきました。 したたかな権力者たちに立ち向かっていくことの困難さとそれでも真実を伝えようとする記者たちの姿に誰もがエールを送りたくなるでしょう。 この映画をきっかけに、勇気ある社会派映画がもっともっと制作されることを切に願います。. (C)「新聞記者」フィルムパートナーズ ある日、東都新聞あてに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで送られてきました。 内閣府が主導し、民間が運営するという点が通常とは異なっており目を引きました。吉岡エリカは、編集長から誰が送ってきたのか調査するよう命じられます。 彼女は、日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ちましたが、日本の新聞社で働くことを選びました。彼女の父は、優秀な記者でしたが、誤ったスクープをしてしまい、自殺していました。 しかし彼女は父の死の原因は別にあったのではないかと考えていました。父はもっと強い人だったからです。ですが、父の死の原因を明かす証拠は今となってはもう何も残っていませんでした。 帰宅後も、彼女は懸命に仕事に取り組みます。 一方、外務省から、内閣情報調査室に移動した官僚・杉原は自身の仕事に疑問をもち始めていました。 外務省では上司の神崎から「誠心誠意、国民に尽くす」という信念を教わり、励んできましたが、ここで与えられる任務は現政権に不都合なニュースのコントロールばかり。 上司の多田はこれが日本のためなのだと述べますが、とてもそうは思えないのです。 首相にべったりの御用作家が起こしたレイプ事件では、被害者の女性が顔出しをし、記者会見を行っていました。 逮捕寸前まで行きながら、加害者は寸前で逮捕をのがれ、担当刑事も事件をはずされるなど、裏で大きな力が動いたとしか思えない事件でした。 被害女性の記者会見に出席した吉岡は、彼女の勇気に奮起して記事を書きますが、紙面に小さく掲載されただけでした。 一方、内閣情報調査室は、被害者女性が、野党議員とつながりがあり、ハニートラップであったという筋書きを作り、多田は、関係者のチャートを作れと杉原に命じます。 嘘をでっちあげることに戸惑いながらも、チャートを作ると、それは内閣情報調査室の手でSNSに投稿され、またたく間に、拡散されていきました。 しかし、どこからかそのチャートが週刊誌に流れ、スクープ記事が出ます。多田は杉原を叱責しますが、彼は多田に言われた人物にチャートを渡しただけで、いわれのないことでした。 愛する妻の出産が迫ったある日、杉原は、久々に神崎と酒を交わす機会を得ました。志を持って仕事をしていたときのことが懐かしく思い出されました。 神埼は5年前、ある事件で一人責任を取らさ. )、スタイリスト:Babymix【松坂桃李】ヘアメイク:AZUMA(M-rep by MONDO-artist) 、スタイリスト:TAKAFUMI KAWASAKI (MILD) 映画『新聞記者』は6月28日公開より全国公開. (C)「新聞記者」フィルムパートナーズ 第88回アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した『スポットライト 世紀のスクープ』(/トム・マッカーシー)や、スピルバーグの『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』()、ロブ・ライナー監督作品『記者たち 衝撃と畏怖の真実』()など、アメリカ映画は実際の事件に基づいた新聞記者たちの勇気と正義の物語を数多く制作しています。 また、韓国映画も『タクシー運転手』(/チャン・フン)、『1987 ある闘いの真実』(/チャン・ジュナン)といった現代史を扱った骨太の政治映画(どちらもジャーナリストが重要な役割を果たしています)をエンターティンメントとして次々に生み出しています。 韓国映画では、政府のメディアに対するあからさまな介入とメディア側の抵抗を描いたドキュメンタリー映画『共犯者たち』(/チェ・スンホ)という衝撃作もありました。 “忖度”や“同調圧力”という言葉が飛び交う今の日本にあって、こうした社会性のある作品を作るのは難しいのかと常々考えていたのですが、そんな懸念をふっとばす作品が登場しました。 東京新聞・社会部記者、望月衣塑子の同名ベストセラーを原案とした本作は、予想以上にストレートに、日本の政界の暗部と、マスコミ事情に踏み込んでいます。 ここ数年、日本国内を騒がせている現実の政府関連の事件をあからさまに想起させる内容には、よくぞここまで、とエールを送りたい気持ちになりました。 カリカチュアされた政治家や、ラスボス的な黒幕といったものを登場させたりはせず、新聞記者と、国家公務員という職業にたずさわる人物に焦点をあてた地に足のついた描き方も好感が持てます。 ヒロインたちが仕事に取り組んでいる背景に、原案の望月衣塑子、元文部科学省事務次官の前川喜平、日本在住のアメリカ人ジャーナリスト、マーティン・ファクラーの対談がテレビで放映されているという形で映し出されるのも効果的です。 マスコミ、とりわけテレビ界は政府の言葉を単に伝えるだけの御用機関と成り下がっていることがこの対談内でも語られており、そんな中、メディアとして成すべきことは何かと信念を持って行動する記者たちの姿と、真実を隠蔽しようとする政府側との攻防がスリリングに描かれています。 ヒロイン吉岡に扮するシム・ウンギョンは、『サニー. 『新聞記者』で藤井道人監督は日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞。 藤井道人監督は日芸大学映画学科に在学中から脚本や短編の監督をつとめ、伊坂幸太郎原作の映画『オー!ファーザー』で長編映画デビューを果たしました。. 映画『新聞記者』原作 原案は望月衣塑子のノンフィクション「新聞記者(年発刊)」です。 望月衣塑子さんは、東京新聞社会部に所属する新聞記者で、「新聞記者」を自伝として発刊しました。. Q:日本では珍しいタイプの社会派エンターテインメントですが、出演の決め手となったのは? 松坂桃李(以下、松坂):僕はウンギョンさんと共演できることが大きなポイントでした。今回のお話をいただく前から、『サニー 永遠の仲間たち』や『怪しい彼女』などウンギョンさんの作品を観ていて、ひとつの表情からいろんな感情が伝わってくるのがすごく印象的でした。こういう女優さんもいるんだなってずっと思っていたので、まさか共演できるとは。すごくうれしかったです。そして藤井監督と仕事ができること、メッセージ性を感じる物語が面白いと思ったことの3つです。 シム・ウンギョン(以下、シム):私も松坂さんと同じ理由です。真面目な俳優さんというウワサを聞いていましたし、私の大好きなドラマ「ゆとりですがなにか」でもそうですが、芝居そのものから真面目さが感じられるのも素晴らしい。撮影現場でどう芝居するかをひとりでずっと考える松坂さんの姿を見て、私ももっと頑張らなきゃと思いました。私はちょっとノンビリしちゃうタイプなので(苦笑)。 松坂:いやいやいや(笑)。ウンギョンさんの表情や表現から本物の感情が伝わってきて、たくさん刺激をもらいました。監督の言葉や撮影現場にあるたくさんのヒントを吸収しながら、毎回、滑らかに変わっていく。すごいですよ。しかも今では、撮影当時よりもさらに日本語がうまくなっている! 撮影が終わってからまだ半年くらいしかたってないんですよ。そんなストイックさも含めて、本当に僕は尊敬します。 シム:ありがとうございます(照)。撮影現場ではたくさん松坂さんに助けていただきました。特に印象的だったのは、(高橋和也が演じる杉原の元上司の)神崎さんの家で、羊の絵が描かれたFAXについて会話するシーンです。2人の信念や考え方がよく見えるシーンで、芝居のスパークをすごく感じる瞬間がありました。俳優として、すごく楽しかったです。.

(C)「新聞記者」フィルムパートナーズ シム・ウンギョン演じる新聞記者・吉岡と松坂桃李演じる内閣情報調査室の官僚・杉原が追い続ける、新設大学に関する“黒い真実”。 その正体の鍵を握る匿名FAXの表紙に描かれた絵にして、本作のテーマを示す最たる象徴こそが「両目の潰された一頭の羊」の絵です。 象徴としての、羊。キリスト教に少しでも触れたことがあれば、誰もが「迷える子羊」=「人間」という連想に至るでしょう。 それでは、告発者の描いた羊は何故、両目を潰されているのか。何故、一頭だけなのか。 そこには、複数の理由が存在することが考えられます。 (C)「新聞記者」フィルムパートナーズ 一つはこの絵が、内閣情報調査室をはじめ何者かによる不正な情報操作を疑うことなく、ただ与えられ続ける情報という名の飼料を“盲目”的に貪ることしかできない者。すなわち、“長年維持されてきた平和”という幻想を信じる全ての日本国民を表しているためです。 自ら真実を見つめようとする態度や能力を体制側の不正なる操作によって奪われた、或いは愚かにも放棄してしまった。もはや“迷える子羊”らしく迷うこともできなくなり、同じ場所と時を過ごしていたはずの群からもはぐれ、“一頭”きりになってしまった人間。 「両目の潰された一頭の羊」ほど、その哀れな姿を最も的確に、最も冷笑的に描いた絵は他にないでしょう。 また、「同じ場所と時を過ごしていたはずの群からもはぐれ、“一頭”きりになってしまった人間」という特徴は、劇中に登場するある人物の姿とも重なります。 それは、外務省に務めていた杉原のかつての上司・神崎(高橋和也)の姿です。 日本国民と国家のために尽くした果てに何が正義で何が不正なのかが“見えなくなって”しまい、件の黒い真実に深く関わってしまったことで自死という末路=永遠の“孤独”を強いられる彼の姿もまた、「同じ場所と時を過ごしていたはずの群からもはぐれ、“一頭”きりになってしまった人間」の姿であり、「両目の潰された一頭の羊」が表しているものの一つでしょう。 (C)「新聞記者」フィルムパートナーズ 加えてそのような神崎の姿は、彼の元・部下であり、かつての彼同様に理想と現実の間に苦悩し続けている杉原の未来の姿とも重なります。 そして、政府が隠蔽しようとした“黒い真実”の全容にも深く繋がっているもう. 1 今作に取り入れた新聞を読まない世代という視点から付け加えられた独自の目線; 4 映画新聞記者の原作は?モデルとなった人物とは; 5 映画新聞記者の口コミ評価評判は?. 映画「新聞記者」を見てきました。とても難解な映画で1度見ただけでは何が何だかさっぱりわかりませんでした。そこで質問です。まず、主人公の杉原は一体何の仕事をしている人なんでしょうか? 「ないちょう」?とか言ってましたが、それは何なんでしょうか。薄暗い明かりも無い部屋で. 東都新聞に勤める記者・吉岡エリカ(シム・ウンギョン)は、日本人の父と韓国人の母に間に生まれアメリカで育ったのちに、とある出来事をきっかけに日本で新聞記者になったという異色の経歴を持っていました。 ある日、彼女のもとに大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届きます。 吉岡は上司・陣野(北村有起哉)の命により、極秘情報が果たして事実なのかその裏取り調査を開始します。 一方、内閣情報調査室に勤めるエリート官僚・杉原拓海(松坂桃李)は、国家の体制維持のためには時には民間人を巻き込んでの不正な情報操作も辞さない自身の仕事と、「国民に尽くす」という理想の間で苦悩していました。 妻・奈津美(本田翼)の出産が近づく中、彼は久方ぶりに外務省時代のかつての上司・神崎(高橋和也)と再会します。しかしその数日後、神崎は意味深な言葉を遺して投身自殺を遂げてしまいました。 極秘情報の真相を追う吉岡と、神崎が家族を遺してでも自死しなければならなかったその理由を追う杉原。 やがて二人は出会い、極秘情報の真相にして神崎が自殺を遂げた理由である“黒い真実”へと辿り着きます.

株式会社kadokawaのプレスリリース(年3月13日 新聞 記者 映画 原作 18時00分)映画新聞記者原案新書3冠受賞記念オビで出荷. 。. 映画「新聞記者」が問う官僚の「建前と本音」 「国民のための仕事」第一に考えているか. 今各方面で話題になっている映画「新聞記者」をみてきました。 チョーシンプルにいうとつまんなかったです。 まあ、大体モリカケ問題や伊藤詩織のレイプ被害騒動などをテキトーに絡めながら女性新聞記者と内閣調査室の情報戦のやり取りや青年官僚の正義についての問答などをサスペンス.

Q:海外作品の撮影現場では、語学力以外では何が大切だと思われましたか? シム:いちばん大事なのは、海外でも韓国のでも、芝居を考える真心ではないでしょうか。キャラクターの何を見せたいのかを考え、キャラクターと私がひとつにならないといけないと思っています。 Q:俳優としての松坂さんの理想や信念も教えていただけますか? 松坂:いかに自分がその作品の一部になれるか、ですね。カメラマンさんや監督、照明部や録音部などいろんな部署があるなかで、自分も俳優部のひとつの歯車として、きちんと作品の役に立てることがいちばん大事です。 Q:ウンギョンさんとの共演が実現して、海外作品出演への意欲が湧いてきましたか? 松坂:異なる国や環境で育った役者同士が同じ空間でお芝居をするのは、すごく刺激的だと今回初めて知ったので、またそういう機会に恵まれるとうれしいですね。できればもう1回、シム・ウンギョンさんと今度はコメディー作品で共演したいです。 シム:私も同じ気持ちです。最近シリアスな作品が続いていたので、『サニー 永遠の仲間たち』や『怪しい彼女』のような面白いコメディーを、松坂さんと一緒にやれたらいいなと思います。 権力とメディアの“たった今”を描く野心作で、孤高のキャラクターを演じたシムと松坂だけに、作品の世界に没入した撮影現場では歓談時間もなく「ポスタービジュアルのように距離があった」と笑い合う。そんな2人それぞれの言葉から、そして互いの言葉に耳を傾ける姿から、リスペクト感が自然にあふれる取材となった。再タッグを熱望する2人によるコメディー作品が、早く実現しますように. 「新聞記者」”あらすじ”。現代日本がモデルですが、あくまで”フィクション”です。 主演のシム・ウンギョンさんってどんな人? 原作は望月衣塑子(もちづき いそこ)さんの自伝著書。著書の感想も賛否ありです。 映画『新聞記者』を無料で観よう. 一人の新聞記者の姿を通して報道メディアは権力にどう対峙するのかを問いかける衝撃作『新聞記者』が6月28日から全国公開されます。 現在進行形のさまざまな問題をダイレクトに射抜く、これまでの日本映画にはない前代未聞の社会派エンタテインメント作として話題沸騰中の本作に、この. . See full list on cinematoday. 東京新聞記者による同名ベストセラーを原案に、若き新聞記者とエリート官僚が繰り広げる対峙と葛藤を描いた社会派映画. 映画の原案は、年10月に発刊された望月衣塑子著 『新聞記者』です。 望月衣塑子さんは、東京新聞の社会部に所属する新聞記者で、自伝として出版した本が『新聞記者』です。 父親も新聞記者という家庭で育ち、 慶應義塾大学法学部卒業後、自身も新聞社に入社しました。 新聞記者として、官房長官会見において次々と質問を繰り出し、 年3月から森友学園、加計学園の取材チームに参加し、女性ジャーナリスト伊藤詩織さんへのインタビューなどを行った人として、一躍有名になりました。 映画『新聞記者』はフィクションですが、望月衣塑子さんの本が原案となっています。 本の内容は、望月衣塑子さんの自伝なので、両親の死や、結婚してからのことなどや、本の後半は、映画でも取り上げられているあの事件のことを当時の心情を交えて語られています。 シム・ウンギョンさん演じる吉岡の父はジャーナリスト。 望月衣塑子さんの父も新聞記者。 映画の中の事件は、固有名詞は違っていても、明らかに「あの事件」を想定させる内容です。. 3 映画新聞記者の藤井道人監督はどんな人? 3.

新聞 記者 映画 原作 作品概要 『新聞記者』は年に公開された日本映画です。 新聞記者・望月衣塑子のノンフィクションを原作として、『デイアンドナイト』の藤井道人監督によって映画化されました。. . Q:役柄の職種について、独自にリサーチなどはされましたか? 松坂:杉原の所属する内閣情報調査室の仕事は非常にベールに包まれていて、詳細はあまり明らかにはなっていないんです。台本に書かれている杉原の言葉や行動を頼りに、監督と相談しつつ、一つ一つの感情を大事にしながら演じていきました。 シム:私は実際に新聞社へ行って、記者の方々と話すことができました。新聞がどうやってできるのか、皆さんの努力や大変さを知り、吉岡の役づくりの参考にしました。 Q:お芝居に関しての挑戦はありましたか? 松坂:これだけ葛藤し自問自答のすえに決断し、あのようなラストシーンを迎えるというのは今までやったことのない芝居の流れでした。ひとりの人間としての立場や感情を踏まえたうえでの、杉原の最後の表情。僕としては初めてでしたし、ウンギョンさんとの間でどういう化学反応が生まれるかも、興味深かったです。 シム:私にとっては、この作品のすべてがチャレンジでした。まず日本語のセリフ、それも普段の生活では日本の方も使わない言葉も多かったので。発音やイントネーションを一生懸命に頑張って練習しました。そして私は『新聞記者』を人間ドラマだと思っているので、人間味をちゃんと見せることに集中しました。 Q:完成作をご覧になって、何を感じられましたか? 松坂:ひとりでも多くの方に観ていただきたいという気持ちが、より一層強くなりました。そして真実にしろ偽物にしろ、いろんな情報が誰でも手に入る時代だからこそ、自分の目を養わないといけないと。情報に流されずに、きちんと自分の考えを持つことが大事だと改めて実感しました。 新聞 記者 映画 原作 シム:松坂さんがおっしゃったとおりで、この映画の持つメッセージを観客の皆さんにも感じてほしいです。そしてサスペンス映画としても楽しんでほしいです。この世の中をどう生きるのかを考えるきっかけになればうれしいです。.

映画担当として毎年数百本の作品を鑑賞し、数々の映画評を執筆してきた石飛徳樹、鈴木隆、小菅昭彦に、リアルに描かれているという新聞記者. (C)「新聞記者」フィルムパートナーズ 【公開】 年6月28日(日本映画) 【原案】 望月衣塑子、河村光庸 【監督】 藤井道人 【脚本】 詩森ろば、高石明彦 【キャスト】 シム・ウンギョン、松坂桃李、本田翼、岡山天音、郭智博、長田成哉、宮野陽名、高橋努、西田尚美、高橋和也、北村有起哉、田中哲司、望月衣塑子、前川喜平、マーティン・ファクラー 【作品概要】 東京新聞の記者・望月衣塑子の同盟ベストセラーを原案とするオリジナル脚本によって制作された、メディアの意義を問いかけたポリティカル・サスペンス。 常に真実を追い求める若き新聞記者。日頃不正な情報操作に携わってきたエリート官僚。本来相容れぬ道を進んでいたはずの二人が、無力感や葛藤に苛まれながらも対峙し、政府が隠蔽しようとした恐るべき事実へと辿り着こうとする様を描きます。 新聞記者・吉岡を演じたのはシム・ウンギョン。『怪しい彼女』()などで知られている韓国の演技派女優です。 一方、内閣情報調査室に勤めるエリート官僚・杉原を演じたのは松坂桃李。シムとはダブル主演という形で、全力の演技をスクリーン上で見せます。. 映画「新聞記者」で快挙! シム・ウンギョン起用を推した松坂桃李の先見性 /03/30 (月) 06:00.

新聞 記者 映画 原作

email: [email protected] - phone:(509) 378-4792 x 4209

ピンチョス バル -

-> 1 オクターブ で 弾ける 曲 j pop
-> ファン ピー

新聞 記者 映画 原作 -


Sitemap 3

ムレムレ チアガール バス -