沖縄 密約 文書

Add: ahajuc31 - Date: 2020-12-16 05:52:18 - Views: 1049 - Clicks: 8821

沖縄核密約文書 核密約文書 歴史の闇から浮かんだ物証 熊本日日新聞 社説 12/28 核密約文書 合意は今も効力持つのか 西日本新聞 社説 12/27 沖縄核密約 沖縄 密約 文書 きちんと 「けじめ」 つけよ 岐阜新聞 社説 12/27 核密約文書確認 政府は必ず全容解明果たせ 長崎新聞 論説 12/26. 沖縄密約文書、国に開示命じる判決 「超完全勝利・・・。司法が密約を認定した。情報公開の歴史の中で革命が起こった」(元毎日新聞記者・西山太吉さ ん) 38年間に及ぶジャーナリストたちの情報公開をめぐる闘い。9日午後2時、東京地裁で運命の判決が. 外務省女性事務官から入手し、 社会党員にその情報を流しました。 (xは女性事務官と肉体関係を持ち、 依頼を拒みにくい心理状態を作って、 機密文書を入手しました) 機密情報を漏らした外務省事務官は、. 1972年の沖縄返還で日米両政府が交わした「密約」文書の開示を元新聞記者らが求めた情報公開訴訟の上告審判決があった。 訴えていたのは、米国側の密約文書を見つけた我部政明・琉球大教授や元毎日新聞記者の西山太吉さんら23人。問題となった文書は. いるものを全部出す」と述べて情報公開を徹底する考えを強調し、72年の沖縄返還をめぐ る日米両政府の密約に関する文書を例に挙げた。 密約は米側の負担を日本政府が肩代わりする内容で、米政府の外交文書で裏付けられ ている。岡田氏は「米国の情報. 有識者委員会はこの密約も「外務省は知らなかったので密約ではない」と言い張っていますが、復帰後の一九七五年に沖縄の嘉 手納基地に核爆弾が持ち込まれたことを裏づける米軍内部文書が見つかってい. 年8月26日 東京新聞 朝刊 一九七二年の沖縄返還に伴い日米両政府が交わしたとされる「密約」文書をめぐり、元毎日新聞記者西山太吉さん(77)らが国に開示を求めた行政訴訟で、東京地裁(杉原則彦裁判長)は二十五日、密約を. 沖縄密約 「情報犯罪」と日米同盟/西山 太吉(岩波新書:岩波新書 新赤版)のhontoレビュー(感想)ページです。本の購入に役立つ評価やみんなのレビュー(感想)情報が満載。書店で使えるhontoポイントも貯まる。3000円以上購入から国内送料無料で、最速24時間以内出荷。.

沖縄密約文書、不開示確定-最高裁 1 : 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :/07/14(月) 18:23:46. 日本政府の隠ぺい体質には、呆れるばかりだ。沖縄密約をめぐる控訴審判決で、密約の存在自体を認め、文書が廃棄された可能性を指摘した。 日本政府は長い間、「密約はなかった」と言い張ってきた. 1972年の沖縄返還をめぐる日米間の密約文書の開示を元毎日新聞記者西山太吉さん(82)らが求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(千葉. 「沖縄に核兵器を再び持ち込む権利」米文書に記載 5月15日 18時54分. 沖縄返還に関わる「密約」の文書は、「秘密裏に廃棄された可能性が否定できない」。東京高裁はそう認定した。 密約関連文書の漏えいに関わったとして、有罪が確定した元毎日新聞記者の西山太吉氏らが起こした民事訴訟の判決だ。 訴訟自体は. 沖縄密約をめぐる控訴審判決は原告の逆転敗訴となった。 密約の存在自体は認めつつ、文書が廃棄された可能性を指摘した。永久保存すべき 重要史料をないがしろにしたことは歴史の冒涜に等しい。 沖縄返還協定に基づいて、日本は総額3億2千万ドルを米国側に支払った。. 沖縄返還で米側が負担すべき原状回復費400万ドルを日本が肩代わりしたとされる密約は、関連文書が日本側では見つからなかった。ただ原状回復. 外務省元局長、秘密文書「イニシャルでサイン」=沖縄密約訴訟・東京地裁 沖縄返還に伴う財政負担について日米両政府高官が密約を結んだとされる文書をめぐり、 作家らが国に開示を求めた訴訟の口頭弁論が1日、東京地裁(杉原則彦裁判長)であり、 当時米国との交渉に当たった吉野文六.

4/9: 沖縄密約文書開示命令・「組織的廃棄の調査不十分」! 外相はなぜ反発! The Yomiuri Shimbun Top court ruling must not impede information disclosure requests 沖縄「密約」判決 文書管理と原則公開の徹底を Documents on a secret 沖縄 密約 文書 agreement may have existed, but that does not mean they were kept by the Foreign Ministry—this was the opinion expressed by the Supreme Court in a recent ruling regarding the disclosure of documents on a secret Japan-U. 1)を「推測による供述」と指摘し、文書の存 在を否定. 「沖縄密約文書についていえば、交渉の早期妥結のため、あえて米側の強硬な要求を呑んで密約を結び、その後漏洩を恐れて、あるいは米側開示の波及を警戒して、関係文書を特別に秘匿し、果ては廃棄してしまったのである。これらの一連の違法行為は.

「護憲+」ブログ: 「護憲+」第七期スタート (百山・管理人) 「護憲+」ブログ: 今私たちがすべきこと (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 真実の国民(権利)保護と、政権交代の必要性 (蔵龍隠士) (/12/17). この裁判は、沖縄返還の際にかかる費用を日本がアメリカの代わりに支払うという密約があったとして、原告等が国に当時の外交文書を公開するよう求めていたものです。 1972年(昭和47. 「知る権利」に関する一考察 : 「沖縄返還『密約』文書開示請求訴訟」を事例として 沖縄 密約 文書 神谷 めぐみ, Kamiya Megumi 国際琉球沖縄論集 = International review of Ryukyuan and Okinawan studies (4), 93.

近年、密約文書がアメリカで公開されたが、自民党政府は密約はなかったと言い逃れた。 50年に及ぶ自民党の一党独裁政治が終わり、民主党政府が沖縄返還時の密約を認めた。 民主党政府は密約を認めたが、密約文書は全て官僚に焼却されたようだ。 この作品は1978年に、テレビドラマとして. あるAnonymous Coward 曰く、1972年の沖縄返還に伴って日米両政府間で交わされた「密約文書」の開示などを国に求めた訴訟で、最高裁が原告らの上告を棄却した。高裁判決では、文書の存在は認めたものの国が秘密裏に廃棄した可能性があるとして開示請求を退けており、これが確定したものとなる. 第4に,上記4の「密約」は,沖縄返還の際に,軍用地の原状回復補償費 を日本側が肩代わりすることを約したものである。これは,沖縄返還協定が 調印された1971年(昭和46年),元毎日新聞記者が,外務省職員から 入手した電信文3通によって,すでにその存在が指摘されていたが,別紙4 の. 1972年の沖縄返還を巡る日米間の密約を示す文書について、元毎日新聞記者の西山太吉さん(82)らが国に開示を求めた訴訟の上告審判決で、最高. 沖縄返還をめぐる日米間の「密約文書」の開示を求める情報公開訴訟で、最高裁は原告である元毎日新聞記者の西山太吉氏らの上告を棄却し. 【東京】沖縄の本土復帰前に、対沖縄援助の協議機関として設置された日米協議委員会の機能拡大が1965年4月に日米両政府で合意された際、サンフランシスコ平和条約第3条に基づく米国による施政権を変更するものではないとする不公表の覚書が交わされていたことが12日に公開された外交文書. 沖縄の本土復帰を目前にした3月、国会では野党側が沖縄返還を巡って日米間に密約があると政府を厳しく追及した。沖縄返還をめぐっては、日米間に密約があるとする機密文書を毎日新聞記者が外務省の女性職員から入手し、この2人が逮捕・起訴されたことで複雑な展開を見せた。2人は結局.

DIAポイント特典. 沖縄密約判決 ずさんな文書管理を指摘した. 沖縄返還密約文書開示請求訴訟 原告ら逆転敗訴 外務省が文書を隠すか捨てるかしてしまった! 29,. 沖縄県議会議員 たまき武光 議会報告ブログ 「流した汗がむくわれる世の中を築く」をモットーに › 沖縄県議会議員 たまき武光 議会報告ブログ › › 密約文書. 1972年の沖縄返還の際に日米両政府が交わしたとされる「密約文書」をめぐる情報公開訴訟で、東京地裁は9日、密約の存在を認めたうえで、国が. 年と年の米外交文書公開によって、30数年前の佐藤・ニクソン日米首脳が調印した「沖縄返還協定」の中に密約があったことが暴露されてしまった。しかし、日本政府は情報公開に応じないばかりか、「密約はなかった」と否定し続けている。年2月には「吉野証言」が飛び出して. 「密約」文書が作成されたとしても、外務省が保有していたとは認められな い――。最高裁はそう指摘した。 沖縄返還に伴う日米間の密約を示す文書の開示を、元毎日新聞記者の西山太 吉氏らが求めた訴訟の判決だ。最高裁は、「文書の不存在」を理由に. カテゴリー 沖縄返還の際の日米間の密約文書の開示を国に求めた情報公開訴訟の上告審判決で、最高裁第二小法廷は7月14日、上告を棄却し、密約文書を不開示とした政府の決定を妥当だとする判断を下した。 判決で最高裁は密約文書の存在そのものは認めたが、文書は「秘密裏に廃棄された.

<沖縄密約>文書現存せず 外務省廃棄か 元局長証言と矛盾 12月13日2時30分配信 毎日新聞 1972年の沖縄返還に絡み、「米国が支払うべき米軍用地の原状回復補償費400万ドルを日本側が肩代わりした」とされる密約そのものを記した文書が、外務省の調査で見つからなかったことが、12日分かった. 沖縄返還時の「密約文書」の開示を巡る14日の最高裁判決は、密約文書について「沖縄返還の交渉過程で文書が 作成されたとしても、不開示決定の時点で各省が保管していたとは認められない」との判断を示した。 沖縄 密約 文書 沖縄 密約 文書 判決は、行政機関が過去に作成した文書を不開示決定の時点でも保有している. 沖縄密約問題や最近公開された外交文書を理解する上で、大変わかりやすく、読みやすいノンフイクションです。沖縄密約事件を理解する上で、少し甘すぎるという批判もありますが、国家の密約について何の予備知識のない読者にとって、二人の女性にスポットを当てながら、新聞記者らしい. 『沖縄密約文書に署名』 地裁に陳述書 外務省元局長証言へ. 沖縄返還に関する「日米密約文書開示訴訟」第5回口頭弁論は年2月16日、東京地裁第103 号法廷(杉原則彦裁判長)で開かれた。原告側が「文書は存在する」と強く主張したのに対し、国 側は吉野文六・元外務省アメリカ局長の証言(09. 以来5回の審理を重ねてきた「沖縄返還密約文書開示訴訟」につき、極めて明快な「原告全面勝訴」 が、この日言い渡された。毅然とした杉原則彦裁判長の言葉が特に印象的だった。――「外務大臣. 昨日、沖縄密約文書をめぐる情報公開訴訟の控訴審判決が ありました。 法律家ですので、政治的内容については一切触れませんが、 結局のところ、捨ててしまったものはしょうがないという 結論になってし.

沖縄核密約はこれまで、沖縄返還交渉の佐藤首相の密使・若泉敬氏が著書で暴露したほか、佐藤首相が保管していた密約文書そのものが次男の. 外務省は22日、沖縄返還や「密約」関連の外交文書ファイル291冊を公開しました。数千点におよぶ文書のうち、本紙が着目した重要文書を紹介し.

沖縄 密約 文書

email: [email protected] - phone:(477) 597-6464 x 5550

公 的 融資 - Whiteday wiki

-> こち亀 の テーマ
-> 糞尿 愛好 家

沖縄 密約 文書 - ランキング


Sitemap 4

頭 の 回転 が 速い 女性 - ディーズ