イヌイット 暮らし

イヌイット

Add: naryvofi3 - Date: 2020-11-23 06:01:05 - Views: 8086 - Clicks: 1242

地表には植物の枯れた腐食が堆積し、腐食は有機物であるためそれが土壌の栄養分になっています。したがって腐食が混ざっている土壌の表層が黒っぽいのはその為です。しかし、最終氷期に氷床(大陸氷河)があったような北ヨーロッパや北米は、氷河によって土壌の表層の腐食がはぎとられて栄養分が少ない為、農耕には不向きです。それによって氷河に覆われていた場所は酪農地帯になることが多くあります。 タイガ(針葉樹林帯)地域にはポドゾルと呼ばれる灰白色の土壌も見られます。針葉樹の落葉が地表に堆積しても寒さの為分解が進まず、厚い腐植層をつくります。この腐植が強酸性のフルボン酸を生成し、この酸が鉄やアルミニウムを溶脱させて漂白層ができ、その下に鉄やアルミニウム、腐食が集積した褐色の集積層ができます。この作用をポドゾル化作用と言います。ポドゾルは強酸性を示し、養分が極度に欠乏しているため、肥沃度はきわめて低く、農業には不向きです。. 世界には様々な気候とその気候に適応した暮らしがあります。 今回は、寒帯・亜寒帯と呼ばれる2つの気候帯の特徴と暮らしについて解説していきます。. 」と驚いてしまったことはここだけの話。 次回は、「知られざるイヌイットの食生活の秘密」をお届けします! イヌイットの版画の場合,ひょっとすると通常とは逆に,美術館での展示が先行し, その後,今日のイヌイットの暮らしを映す資料として博物館での展示に加えられたのか もしれない。. See full list on log-bennkyou. イヌイットに関する記事一覧ページ です。 長野)c・w・ニコルさん追悼展 (/9/7) 4月に79歳で亡くなった作家、ナチュラリストのc・w・ニコル. 先述したとおり、イヌイット民族は極寒の気候の中で暮らしています。 それこそ気温はマイナス30度~40度です。当然、私たちが日本で着ているような衣服(衣装)では耐えられませんよね? イヌイット 暮らし この寒さを防ぐためイヌイット民族は、狩猟・捕獲した動物の毛皮を材料に、とても暖かい衣服(衣装)を着ています。 ただし、動物と一言でいっても、用途に応じて様々な動物の毛皮が選ばれています。 例えば、 といった具合です。 また、アウターコートは、顔を出す部分と袖口以外には隙間がないように作られ、さらに大きめにつくることで、服と身体との間に暖かい空気の層ができ、保温の働きを持ちます。 このように寒さを凌ぐために作られたイヌイット民族の冬服は、『世界で最も優れた防寒着』と言われています。.

イヌイットたちの獲物は、 トナカイ(カリブー) や アザラシ です。 農作物が育たない代わりに、獲物の肉を食べて暮らしているというわけです。. 標高2000m級のロッキー山脈周辺では夏は短く、冬が長い、そして天候の変化も激しくなります。 冬の間は雪が多く、多くのスキー場でウィンタースポーツを楽しむことができます。 春は4月下旬にやってきますが、まだ雪が降ることもあります。 美しい湖もまだ凍ったままで、氷が溶けるのは5月中旬とされています。 5月は気温の変化が激しく、冬のように寒い日や夏のように暖かい日があります。 夏は過ごしやすい気候ですが、朝晩の温度が下がるので夏でもセーターなどが必要です。 ここでも日差しが強いので、日焼け止めやサングラスが必要です。 9月から秋が始まり、紅葉も見ることができます。 ただし日本のように紅葉を楽しむ文化はないみたいです。 9月は積雪を観測することもあります。 9月-10月は『インディアン・サマー』と呼ばれていて晴天が続きます。 これが終わると長い冬が始まります。 バンフのスキー場周辺で仕事がしたい場合、冬になる前に行けば仕事を探しやすいです。 冬になってから行くと、もういい仕事はなくなっているかもしれません。 寒波がくるとマイナス30度を記録することは珍しくありません。 外出するなら、防寒具が必要になります。 防寒具は日本から持って行くより、カナダで良いのを買うのをお勧めします。. という議論。今回は、そんなイヌイットの食事について、まずは理解することから始めてみましょう。 糖質を摂取しない!イヌイットとその食事 イヌイットは、カナダ北部や. 加えて、イヌイットの『雪の家』についても押さえておきましょう! イヌイットは、冬にアザラシの猟をするため、数日ごとに移動します。 そのときにつくられるのが、『 イグルー 』という雪の家です。 夏はアザラシの皮で作った『テント』で暮らします。.

. See full list on canada-ryugaku-center. イヌイットはこれまで動物を取る為に季節の変化に応じて居住地を変えてきました。冬には海氷上に現れるアザラシの呼吸穴を利用してアザラシを捕り、夏にはホッキョクイワナやアザラシ、シロイルカを捕り、内陸でカリブー(トナカイ)を狩猟します。これらはイヌイットの食料になるだけでなく、脂肪は燃料になり、骨や枝角、牙は道具の材料となりました。 イヌイットは主食のアザラシやカリブーの肉、ホッキョクイワナなどを生や自然冷凍の状態で食べることが多かったが、それらに含まれる血液から不足するビタミンを摂取しています。太陽光線は皮下に取り込まれるとビタミンDが体内で作り出されるため重要です。極北地域は日射量が少ないので北欧などでは、太陽光線を吸収するメラニン色素が少ないコーカソイド(白色人種)が住んでいます。しかし、モンゴロイド(黄色人種)のイヌイットは皮膚にメラニン色素が多く、それが太陽光線を吸収して皮下取り込み量が不足して、ビタミン不足になってしまいます。そのためにも狩猟した動物の生肉や内臓を食べる必要性がありました。. イヌイットの冬の家は、ベーリング海地域に分布する高床の陸屋根形式の家のように、技術的に洗練された家も少なくありません。 このような伝統的な住居で暮らしていたイヌイットですが、現在は暖房設備のついた木造家屋が普及し、石造りや流木で.

カナダのイヌイットの正確な起源は、まだよく分かっていない。一般には、その先祖は、最後の氷河期に2つの大陸の間にできた陸橋づたいにアジアから北米へとやってきた、というのが通説になっている。 彼らは内陸系の狩猟民族であったが、北極地方を東へ移動している間に、沿岸の状況に適応し、アザラシやセイウチを捕獲し始めた。海上での狩猟とカヤック乗りに適応したことが、現在イヌイットと呼ばれる独特の文化を作ったと言ってよいだろう。 狩猟は、現在もイヌイットの生活の基礎となっている。事実、彼らの社会は、家族を基本的な単位として、狩猟を中心に成り立っていた。狩猟はグループのメンバーが協力して行なう活動であったため、いくつかの家族が1つの狩猟グループを形成した。今世紀に入ってもかなりまで、およそ700に上るこうしたグループが、北方カナダに散住していた。 イヌイットは、自分たちが見つけた環境に生活様式を合わせていった。例えば獲物の多いハドソン湾西岸に住むカリブー・イヌイットは、海上に出ずに陸上のハンターとなった。他の地域では、海上の哺乳動物や魚が主食だった。食料は種類が限られ、ときには入手することも困難だったが、栄養的にはバランスがとれていた。. 先住民のグループの一つであるファースト・ネーションは、政府公認ファースト・ネーション(Status イヌイット 暮らし Indian)と政府非公認ファースト・ネーション(Non-Status Indian)に分かれます。 政府公認ファースト・ネーションには、1876年に施行されたインディアン法(The Indian Act)が適用されます。 この法律により、政府公認ファースト・ネーションには一定の権利や特典、社会保障などが与えられています。 彼らは、ファースト・ネーションのために確保された特定の地域「居留地」に住むことができ、税金面や学費面でも優遇されています。 彼らには『Status Card』というIDカードが発行され、例えば、ファースト・ネーションの土地にあるお店で買い物をする場合には、この『Status Card』を提示すると消費税が免除されます。 イヌイット 暮らし ◆政府公認ファースト・ネーションが持っている『Status Card』がこちら photo from aadnc-aandc. カナダといえば寒い!!とイメージしている人が多いと思いますが、バンクーバー周辺はあまり寒くありません。 経緯は北海道と同じくらいですが、大阪や名古屋と同じくらいの気候です。 気温だけみると日本より寒く思えたりしますが、こちらは陽があたるとポカポカと暖かく感じます。 雨季:11月-4月 ウィスラーなどの山岳地帯は雪が沢山降りますが、市内は雪があまり降らず、冬の間は雨が続きます。 冬に晴れると日差しが暖かいので、寒いのに半袖で歩いている人や、レストランのテラスでご飯を食べている人を見かけます。 気温はだいたい10度前後で意外に過ごしやすいですが、雨が降るので寒く感じるかもしれません。 レインブーツは必需品になります。 乾季:5月-10月が乾季になります。 夏は日本のように蒸し暑くなく、夜も涼しく寝ることができます。 夕暮れは気温が下がるので、外出の際にはジャケットが1枚必要になるでしょう。 日差しが強いのでサングラスが必要です。 また日照時間がとても長く11時を過ぎても明るいです。 この周辺では、オンタリオでは見られる紅葉もあまり見ることができません。 太平洋に面し、暖流が流れているので気温は1年を通して穏やかなのが特徴です。 バンクーバーのベストシーズンは5月と言われています。 暖かく過ごしやすい、夜も9時頃まで明るいのでゆっくり観光を楽しむことができます。. この地域はイヌイットのカナダでの総人口の83%をしめていて、このヌナプトはネイティヴ達からは『我々の地』と呼ばれています。 夏も平均気温は12度程度、冬場は気温がマイナス15度から40度ほどになります。 あまり知られていませんが、ここには手付かずの自然があり、全世界の50%の白くまが住んでいたり、ノースウエスト・パッセージ(北西航路)クルーズに飛び乗ったら、ジャコウウシ、セイウチやホッキョククジラに目を光らせながら、イヌイットの歴史や遺産を学ぶことができます。 また氷河を見ることもできることで有名です。 少し遠いですが、トロントからは定期便も出ているので、一度足を伸ばしてみてください。. 氷河によってつくられた地形にはエスカーやモレーンなどがあります。 エスカーとは、氷河中や氷河底にトンネルをつくって流れる融氷流水(氷河が融けた流水)が氷成堆積物(流動する氷河中に取り込まれた運搬された岩屑が氷体の衰退に伴って解放され、その場に堆積した堆積物)を運搬し、トンネル内の流路に沿って再堆積させてできた、細長い堤防上の砂礫堆積地形を指します。 モレーンは、氷期(氷河時代)などの寒冷期に氷河が前進しながら砂礫をブルドーザーのように前面に押し出して、その後、氷河が後退した時にその場所に残していった堤防状の地形です。谷をせき止めるように堤防上のモレーンが形成されています。 エスカーは融氷流体によって運ばれた堆積物からなっている地形なので、堆積物が丸みを帯びているのに対し、モレーンの堆積物は氷河によって運ばれたものなので、特に氷河前面に運搬・堆積してできたターミナル・モレーンの堆積物が角ばっている傾向です。 氷河時代などの寒冷期に、氷河の作用でつくられたエスカーやモレーンの砂礫の高まりがその後、温暖になって樹木や草原、住居などで覆われると、現在ではそこがかつてのエスカーやモレーンであるとは分からないことが多くあります。U字谷に水がたまったり、堤防上のモレーンで囲まれた窪地に水がたまると湖が出来ます。これを氷河湖と言います。. 3%の人が居留地(Reserve)に住んでいます。 それ以外の人たちは、私たちと同じように、居留地の外で生活をしています。 ちなみにバンクーバーでは、約1万5,000人の政府公認ファースト・ネーションが、居留地の外で生活をしています。.

イヌイットは、カナダ北部やグリーンランドに暮らしています。 そして、彼らは、カナダでは「生肉を食べる人」という差別用語としても認識されることの多い「エスキモー」という名称を拒絶。. 同じイヌイットでも、住む場所によってその食生活は様々。 グリーンランドに住むイヌイットの食事は、主にアザラシなどの海獣を主食とした肉食の生活です。 かなりの脂質を摂っているはずですが、グリーンランドのイヌイットは、極端に糖尿病や心筋梗塞、動脈硬化が少ないという研究結果が明らかになっているのです。 その理由を知った時、「そんなうまいことが! イヌイットとその他のカナダ人との接触は、第2次世界大戦中、そして大戦後、急速に深まった。北方一帯に空港や気象台、レーダー網が建設され、また政府の公共サービスが増え、地下資源の探査・開発が進んだ。最近では、大規模な油田や天然ガス田が発見された結果、カナダ南部から北へと大勢の人がやってきた。 その頃から、カナダ政府はイヌイットに対して、保健医療、教育、その他の社会サービスを提供する必要を認めた。これにより政府が急速に大きな存在となり、やがて、各地の集落に散在していたイヌイットは、学校や教会、政府機関、店舗をもったより大きな、そしてより安定したいくつかの村に集まって住むようになった。. カナダの先住民=ファースト・ネーションと思っている方もいるかと思いますが、先住民は、ファースト・ネーションだけではありません。 カナダの憲法で規定されている先住民(Aboriginal)の定義は、以下の通り。 ニュースなどでよく目にするファースト・ネーションは、先住民のグループの一つということです。 先住民の中ではファースト・ネーションが全先住民の60%以上を占めているため、私たちの生活に身近な先住民族はファースト・ネーションになります。.

亜寒帯(冷帯)では、針葉樹の純木、タイガ(針葉樹林帯)が広く分布し、シベリアがその典型例です。亜寒帯(冷帯)湿潤気候は、年中平均して降水があり、冬に積雪が多く、東ヨーロッパや西シベリアに分布します。亜寒帯(冷帯)冬季少雨気候は、夏に比較的高温になりますが、冬にはシベリア高気圧に覆われ、非常に寒冷で降水量が極めて少なくなります。年較差が非常に大きく、東シベリアに分布します。 さらに寒くなるとグリーンランド沿岸のような植生が貧弱なツンドラとなります。極寒になると南極のように、ほとんど植物が生育しない氷雪気候となります。. . See full list on canadainternational. この地域は、夏は暑く冬は寒いのが特徴です。 4月末くらいからコートが必要なくなります。 春の始まりはその頃からになりますが、5月には急に気温が上がり夏日になることもあります。 6月-9月中旬まで夏模様が続き、比較的さわやかな気候です。 バンクーバーと比べると、トロントの方が気温も湿気も高いです。 この地域では9月下旬から10月中旬にかけて美しい紅葉を見ることができます。 冬は大変厳しく、特に中部平野の方ではマイナス40度を記録することも少なくありません。 また湖から吹く風が強く、実際の気温より寒く感じます。 ケッベクはトロントより、冬の気候は厳しくなりますので防寒具が必要になります。.

ツンドラ(寒地荒原)気候地域は、地下に永久凍土(通年にわたって凍結している土壌)が広がる降水量の少ない地域であり、シベリア北部やグリーンランド沿岸、カナダの北部など北極海沿岸の寒帯地域に見られます。ツンドラは、低温で植物の成長可能期間が短い為樹木が成長できない地域であり、鉱山ツンドラも含み、主たる植物は草本類、蘚苔類、地衣類です。 亜寒帯(冷帯)気候地域は、冬の期間が長く寒いが、四季の変化があり、夏冬の温度差が激しい地域です。主にユーラシア大陸や北アメリカ大陸のおおむね緯度40度以上の高緯度地域・高標高地域に比較的広く分布します。北部はタイガと呼ばれる常緑針葉樹の純木、南部は針葉樹林と広葉樹林の混交林が広がっていて、ポドゾルと呼ばれるやせた土壌が分布します。. See full list on ethnic-world. イヌイット (Inuit) は、カナダ北部などの氷雪地帯に住む先住民族のエスキモー系諸民族の1つで、人種的には日本人と同じモンゴロイドである。エスキモー最大の民族である。. com イヌイット民族は、エスキモー系民族の1つで、エスキモー最大の民族といわれているのですが、実は「エスキモー」という呼び名は、カナダとグリーンランドに住むエスキモー民族から拒否されています。 彼らエスキモー民族が「エスキモー」という呼称を拒否する理由は、エスキモーの語源が原因です。 アラスカでは「エスキモー」は「かんじきの網を編む」という語源だったのですが、カナダでは「生肉を食べる者」と誤って解釈されたことで、『野蛮』という偏見による蔑称(差別用語)になってしまったからです。 そのため、蔑称を避けるために「イヌイット」という呼称が使われるようになりました。 しかし、実は「イヌイット」という呼称はあくまでカナダに限定して使われている呼び名で、グリーンランドの地元では「カラーリット」という呼称で使われることがあるんですよ。. See full list on ikouyo-greenland. イエローナイフはオーロラが見える街として有名です。 夏は短く冬が長いです。 春、秋はほぼなく、寒さは5月末まで続きます。 6月になると日照時間が非常に長くなり、白夜ほどではないが深夜になっても夕方のような時間が続きます。 また経緯が高いので夏の気温は高く30度近くになることもありますが平均気温は15度程度です。 9月になると寒くなり、朝晩は氷点下になります。 この時期から天候が悪くなり10月から11月まで1年間で一番の積雪量を観測します。 冬の寒さはすさまじく、マイナス50度近くなり、防寒具なしでの滞在は難しくなります。 あまり知られていませんが、条件が揃えばオーロラは1年中見ることができます。 その条件は、 ・雲がなく、天気が良いこと。 ・空が暗いこと。 ・太陽活動が活発であること。 なので夏でも晴れていれば見ることができます。 また夏は気温が緩やかなのでオーロラ鑑賞にはぴったりです。 夏場のオーロラ鑑賞シーズンは8月中旬から9月下旬です。 しかし夏場はハイシーズンになるので、ホテルやフライトなどは高くなってしまいます。 4月から8月初旬は日照時間の関係でオーロラ鑑賞が難しくなります。 10月、11月は雪が多いのでオーロラ鑑賞には向いていません。 冬シーズンは11月下旬から4月上旬になりますが、このシーズンはとても寒いですが快晴率が高いのでオーロラが見やすくなります。 どの時期に行くにしても、1泊ではオーロラはなかなか見ることができないので、数泊するのをお勧めします。 せっかくカナダに来ているのだから、オーロラを是非見に行ってください!. このように野生動物やイヌイットの人々、 肉中心の食生活にも関わらず動脈硬化や心臓病の傾向がないのは、. カナダでは1970年代ごろから「エスキモー」を差別用語と位置付け 、彼ら自身の言葉で「人々」を意味する「イヌイット」 が代わりに使用されている。現在では「イヌイット」という呼称は、本来「人々」を意味する言葉では.

まず始めは、ここでしょう。そもそもイヌイットって、どんな人々を指すのでしょうか。防寒具をまとった姿はすぐにイメージできても、いざ説明するとなると・・・・・・。では参りましょう。 イヌイットとは、極北などの氷雪地帯に住む先住民族のエスキモー系諸民族の1つ。 イヌイットと同じくらい耳にする「エスキモー」という言葉は、もともと「かんじきの網を編む」という意味なのですが、これを東カナダに住むクリー人の言葉では「生肉を食べる者」という誤った意味で解釈された歴史があります。 遠く離れた私達も、社会の授業では「エスキモー」は差別用語、今は「イヌイット」と呼びますと教えられたことを思いだしました。 実際の意味とは全く違った意味で世界中に広まってしまったのは、当人たちはさぞ残念な思いや辛い体験をされたのではないでしょうか。 グリーンランドとカナダの「イヌイット」は自分たちを「エスキモー」と呼ばれることを拒否しています。その為、公の場で「エスキモー」と呼ばれることはなく、「イヌイット」で定着しています。. See full list on lifevancouver. 5%が同州に住んでいることになります。 ここブリティッシュ・コロンビア州には、全体の16.

イヌイット 暮らし カナダ北部やアラスカには、 イヌイット (英:Inuit イヌイト)が暮らしている。 この地域は、一年の大半は雪や氷に覆われてるが、夏の間だけ、わずかな時期だが、雪や氷に覆われない時期もある。. かつて、カナダのイヌイットには正式な政治機構がほとんどなかった。彼らは大体において、北方の近代化とともに導入された政治制度の枠外に置かれた。例えば、1962年まで、イヌイットには選挙権がなかった。しかし、自らの生活と将来に対する自主権の奪回を目指して、最近のイヌイットは政治的に活発になってきた。ほとんどの村は今では組織化され、カナダの他の市町村と同じく公選の議会によって政治が行なわれている。 カナダのイヌイットはまた、グリーンランド、アラスカ、ロシアのイヌイットと共に、北極全体にかかわるさまざまな重要問題に対処する国際機関、イヌイット北極圏会議を組織している。 政治協定とそれに基づく法律が1993年7月に公布され、1999年4月には、カナダ北方に新しいイヌイット中心の準州が誕生した。ヌナブト(Nunavut)と呼ばれる新準州は、当時のノースウエスト準州のほぼ東半分(フランスの約3倍の面積)を占め、他の北方準州と同様の政治的、経済的主権を持つ。. 数千年前にアジアから北アメリカにやってきたという経緯を持つイヌイット民族は、日本人と外見が似ていることからも日本人にとって親しみやすい民族です。 それこそ、『イヌイットと日本人の祖先は共通』という研究があるほど。 日本人と同じモンゴロイドという人種に分類されており、大昔の遠い親戚というぐらいに思っておくとちょうどよいと思います。 ちなみに、イヌイット民族(エスキモー)は新モンゴロイド、アイヌや大和民族や沖縄人は古モンゴロイドにあたるんです!同じモンゴロイドでも違いがあるんですよ。. com. 北方カナダの開発にあたって、イヌイットは先頭を切って北極環境に対する人間活動の影響について関心を寄せ、警告を発してきた。イヌイットは、大自然と調和して暮らす長い伝統を持っており、北方生態系の脆弱さについてほとんどの人々より理解が深い。 カナダ人は、北方地域がもはや工業化の影響を受けない太古の遠隔地ではないことを知っている。既に、遠くヨーロッパで発生した汚染物質が、イヌイットの環境や食料から見つかってさえいる。将来、"温室効果"のような気候変化・現象が北方の生活を根本的に変える可能性もある。 カナダのイヌイットは、準州政府や連邦政府と協力して、自分たちの故郷にかかわる環境問題を理解し、その解決を図る努力を続けている。.

一度イヌイットについて学んでから、英語の勉強を始めると良いと思います。 将来は、私はそうなることを望んでいます。 WWFインターナショナル/ホームページ掲載日:年4月22日. イヌイットの写真を見ると、「あれ?なんだかこの顔の造り、日本人に似ているような。」と思うことがしばしば。 それもそのはず、イヌイットは日本人と同じ「モンゴロイド」が祖先と言われ、風貌などがとてもよく似ているのです。 遠く離れた極北の地に、私達とよく似た人々が暮らしているって、少し不思議な感覚ですね。. 日本では当たり前に入るお風呂ですが、実は海外では当たり前ではありません。シャワーだけの国や水浴びだけの国も沢山あります。 イヌイット民族のお風呂事情ですが、どうやら今は温泉に入っているようです。 過去、サウナのように部屋の中で焚き火をしてその熱で汗をかくことでお風呂の役割を果たしていたとか。 また、この地域の水はとても貴重なものです。そのため、氷を尿で溶かした「尿風呂」に入ってた時代もあるんですよ!. com 住居(家)に続き、民族の特徴として挙げれらるのは『食事』です。 イヌイット民族の食事は、住んでいる環境から想像がつくとおり、農耕は不可能であるため、動物資源を狩猟や捕獲することでしか生き抜くすべがありません。 そのため、イヌイット民族の食事は『肉食』が中心です。 トナカイや海鳥を狩猟することもありますが、イヌイット民族は海の生物を捕獲する技術に長けていたため、主食は以下の動物になります。 狩猟・捕獲した後の肉は、アクタックという脂肪とベリーのアイスクリームに加工して食べます。 また、イヌイット民族の特徴としては、狩猟・捕獲し食する際に、動物のほとんどを使い切る点が挙げられ、例えば、捕獲したクジラの歯を削ることで、装飾品や道具にするケースがあります。 他にも動物の皮や毛皮は伝統的なイヌイット民族の衣装にも使われています。. 狩猟と漁労は、現在でも多くのイヌイットに新鮮な蛋白源を供給している。アザラシ猟やワナ猟もある程度続いているが、かつては大きな経済的価値をもっていたのが、反対運動のせいで大きな打撃を受けた。しかし、毛皮の収獲は依然としてイヌイットの文化の一部であり、狩猟は食糧の大半を供給するほか、貴重な現金副収入になっている。 イヌイットの経済基盤は、昔と比べて大幅に多様化した。例えば、世界的に有名なイヌイット彫刻や版画には、大きな需要がある。ほとんどがイヌイット協同組合を通じて販売されるこれらの作品は、多くの村にとって安定した収入源である。 イヌイットの村が大きくなった結果、コミュニティ・サービス、サービス産業や開発産業、そして行政関連の仕事が増えた。 イヌイット 暮らし ただし、多くのコミュニティは主要な労働市場からあまりに遠すぎて、めったにアクセスできない。経済をさらに多様化し、若者やますます増え続けるイヌイットに有意義な雇用機会を提供することが、大きな課題になっている。.

イヌイット 暮らし

email: [email protected] - phone:(756) 829-8690 x 4522

Jf 全国 監査 機構 -

-> かつら 文庫
-> 龍 が 如く 声優 桐生

イヌイット 暮らし -


Sitemap 5

Ewi カラフル -