インター ステラー 五 次元

インター ステラー

Add: oweker14 - Date: 2020-12-08 07:59:58 - Views: 5185 - Clicks: 1544

ブランド教授の娘。若い女性。独身なのだが. See full list on filmaga. 元宇宙飛行士。息子のトムと娘のマーフ、義父・ドナルドを宇宙に残している。 ・アメリア. ブラックホールには『入口』が存在する。光さえ抜け出せないこの入口の領域内に入ってしまうと、絶対に戻ってくることは叶わない。この『入口』に対応するブラックホールの半径をシュバルツシルト半径と呼び、外から見ると真っ黒に見えるため、まるで地獄の入口である。シュバルツシルト半径は計算可能な量であり、一般相対論の数式を用いれば比較的簡単に導出することが出来るが、とりあえずここではシュバルツシルト半径の別名『事象の地平線』に触れておこう。『事象の地平線』の明確な定義は、 といえる。要は光は勿論、全ての物質がそこから抜け出せないためにその領域内の事象は我々の時空の事象の連続物として観測出来ないということである。ここで特に明確にしておきたいのが、事象の地平線はブラックホールの特異点とは全く違うものであるということだ。特異点とは『大きさが0、温度無限大、圧力無限大の地点』を指すものなので、ブラックホールの『入口』ではない。むしろブラックホールの終着点といった方が正しいだろう。 なのでガルガンチュアのような超巨大ブラックホールであれば、シュバルツシルト半径に突入する際の重力(正確にいうと潮汐力)はほとんど無視できるレベルで小さい。事象の地平線に入ったからといって、すぐさま重力でぺしゃんこにされてしまうということはないのである。 潮汐力の説明は省くつもりだったがやっぱり説明しよう。慣性力というのを思い出してもらいたい。エレベーターに乗って下っているとき体は軽くなったように感じる。このときエレベーターに乗っている人から見て、人には下向きに重力が働き、上向きに慣性力が働く。この慣性力の大きさはエレベータの加速度の大きさによって変わるが、例えばスカイダイビングのときのようないわゆる自由落下の場合は、慣性力の大きさと重力の大きさが等しくなり、その人にとっては無重力状態となる。自由落下している人は景色が無ければ落ちているのか、浮かんでいるのか判定出来ない. 9月12日は「宇宙の日」だそうだ。 国際宇宙年であった1992年に日本の科学技術庁(現・文部科学省)と宇宙科学研究所(現・宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所)が制定した記念日。公募により、毛利衛が日本人として初めてスペースシャトルに搭乗して飛び立った9月12日に定められた。(Wiki. 『インターステラー』の用語 物理用語/法則 五次元. 更にインターステラーでは、四次元を自由自在にあやつる五次元人なるものが登場します。 五次元人は四次元を自由自在にあやつるので、空間と時間を自由にあやつり、あらゆる事象をつなげたり飛び越えることが可能なのです。.

そもそもラザロ計画とは何だったのか? ここが理解できないと、『インターステラー』がさっぱり分からなくなってしまうので、念のためおさらいしておこう。プロジェクトの最高指揮官であるブランド教授の説明によれば、ラザロ計画にはプランAとプランBの2つがあるという。 【プランA】宇宙ステーションを建設して地球外へ脱出し、他の惑星に移住するプラン。しかし巨大な建造物を打ち上げるには、重力をコントロールするための方程式を見つける必要がある。その方程式はまだ未完成ながら、ブランド教授はクーパーに「君たちが地球に戻るまでには必ず解いてみせる」と約束する。 【プランB】万が一、方程式が解けなかった場合のためのバックアップ・プラン。受精間もない卵子を保管庫に入れて厳重に管理し、移住先の惑星で人口培養する計画。あくまで種の保存のための計画であり、地球に残された人類は助からない。 ところが、プランAには大きな大きな問題があった。重力の問題を解き明かすためには、ブラックホールの内側(特異点)を観測する必要があるが、外側(事象の地平線)からは絶対に観測できない。かといって内側に入ってしまうと、ブラックホールから脱出不能になってしまう。ブランド教授は方程式は絶対に解けないことを知りつつ、それを隠していたのだ。 [ブラックホールの想像図(Ute Kraus、年)] 『インターステラー』を観ていて釈然としないのは、でもナンダカンダでクーパーがブラックホールの内側(特異点)に突入し、重力に関するデータをたっぷり採取して、無事生きて帰れてしまうところだろう。このあたりの説明が全くない(あったとしても分かりにくい)のがノーラン演出。 ここまでくれば、「重力に関する莫大な情報をモールス信号だけで本当に送れるのかよ! 一体何年かかるっちゅーねん!」とツッコミを入れるのはヤボというものだ。. net 兄貴ってなんであんなガイジみたいにキレてたんやっけ? そして、何を言っても、素晴らしいのは宇宙理論に関して、彼なりの観点から、映画の中に反映させていることである。 特殊相対性理論(ウラシマ効果)、ワームホール、重力波、特異点、次元に於ける不可逆性の時間と重力場、ニュートン力学、音の伝達、運動の三法則等々、かなり綿密にその理論が描かれている。 学生時代に学んだ物理学の基本原則が出てきているのは注目に値する。面白い。勉強になる。 何故、ここまで凄いのかは、ノーベル物理学賞受賞の理論物理学者のキップ・ソーンを科学コンサルタント兼製作総指揮を務めてさせているからだ。 凄すぎ、道理でなんか理論的に、こういうこともあるんだなと思ってしまうのだ。. ひげ面の男性。 4人に加えて、人工知能ロボットのTARSとCASEが、宇宙船に乗りこみます。 宇宙船の中で、クーパーたちは「どこの星へ行くか」と相談しました。 先達「ローラ・ミラーの星」「エドマンズの星」「マン博士の星」3つがあります。 一番近いのはローラ・ミラーの星ですが、アメリアはやたらエドマンズの星に固執しており、クーパーは「アメリアとエドマンズは、恋人同士なのではないか」と思いました。 結局、一番近いローラの星へ行こうと決め、みんなコールドスリープに入ります。 コールドスリープに入った4人は、. じゃあ、五次元は? 残念ながら目に見えて実感できるのは四次元までらしい。解明されてないので想像するしかないようです。インターステラーの世界観なら・・・たとえば『三次元 +時間軸 +愛や思念』なのかなと私は想像しました。. 題名であるインター・ステラーとは、地球を離れ新たな居住可能惑星探索を行うためワームホールを通過し、別の銀河系へと有人惑星間航行(インター・ステラー)することを指す。 この映画は時空を超えるSF映画としては、かなりのレベルの高さにあることは間違いない。. 映画「インターステラー」に出てくる数式は理論物理学者キップ・ソーンが監修 「ダークナイト」「インセプション」を手がけたクリストファー.

See full list on xn--eck2cqb1aq2ef0l2gi. 息子・トムのその後; アメリア&エドマンズのその後; ラストの意味; 五次元にいる彼らの正体; マン博士の行動理由 まとめ 映画『インターステラー』の作品情報 あらすじ. インターステラーの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。「ダークナイト」「インセプション」のクリストファー・ノーラン. See full list on joshuascience-movie. 『インターステラー』のラストまでのあらすじのネタバレ解説と考察を紹介しています。『インターステラー』はクリストファー・ノーラン監督が手掛けた本格SF映画です。難解なSF設定が多く盛り込まれていますが、SFが苦手な人でも楽しめるよう、ラストシーンは家族の愛情が感じられる感動.

近未来. and Paramount Pictures. 五次元ブラックホールを人が無傷で通過するというのも脱力感を感じました。. 勿論五次元空間を映像化することは不可能ですが、五次元空間の「イメージ」を劇中で披露。それが、クーパーの娘・マーフの部屋の本棚をクーパーが五次元空間の中で眺めるシーンです。 そこにはあらゆる時間のマーフの部屋が展開されています。. 年に公開された映画「インターステラー」を久々観ると、その時にはつかめなかった感覚をつかめたような気がした。 この映画はクリストファー・ノーラン監督、近未来の地球が舞台となっている。そこではすでに環境破壊が進み、人類滅亡の危機にさらされていた。そこで人類は居住可能. そして、この映画の背景にあるのは、タイムマシン系映画ではお決まりの近未来での地球の危機なのだ。 近未来は、異常気象・世界的な飢饉により、人類は滅亡の危機に晒されていた。 映画では、元宇宙飛行士主人公クーパーの家族が経営するトウモロコシ農場に吹く宇宙風の黄ばんだ画面に地球の危機が良く映し出されている。 家族の10歳の娘マーフィー(マーフ)が、キイパースンとなる。 マーフは自分の部屋の本棚から本が勝手に落ちる現象を幽霊のせいだと信じていたが、ある日クーパーはそれが何者かによる重力波を使った二進数のメッセージではないかと気が付く。 また、地球出発時点のクーパーと同い年に成長したマーフは、重力の研究を行っていた。ここも肝。.

希望的なデータは、すべてマン博士のでっちあげでした。 ひとりで孤独に死ぬことを恐れたマン博士は、誰かに助けに来てもらいたくて、捏造したデータを送っていたのです。 ベースキャンプの方でも、ロミリーがデータがおかしいと気付きました。直後、マン博士が仕掛けた爆弾で、ロミリーは爆死します。 マン博士は宇宙船を奪おうとしました。 ところが母船とのドッキングが完全でなかったため、マン博士の乗った小型船は爆発します。 襲われて宇宙服のヘルメットを壊されたクーパーですが、アメリアに助けられました。 爆発の拍子にくるくる回り始めた母船に、クーパーはアメリアと共に乗り込むことに成功します。 母船はほとんど燃料が残っておらず、地球への帰還はかないません。 しかもその母船は、ガルガンチュア(ブラックホール)に近づいていました。 クーパーは、重力ターンでエドマンズの星へ母船を飛ばす方法を思いつきます。 アメリアとCASEを母船に残し、クーパーとTARSはガルガンチュアに残りました。少しでも軽くすることで、燃料を長持ちさせるためです。 切り離されたクーパーとTARSは、ガルガンチュア(ブラックホール)へ落ちていきました。 クーパーは少しでも死の間際まで役に立とうと、TARSにガルガンチュアのデータを取るよう指示します。 ガルガンチュアに入り込んだクーパーは、そこが4次元の世界だと知りました。 そこには時間を超越した世界で、10歳のマーフの部屋がすぐ隣に見えます。 娘のマーフに気づいてもらいたいクーパーは、「STAY」と本を落として知らせました。 (マーフが幽霊だと思っていた怪奇現象は、ガルガンチュアに入ったクーパーがしていたものだった) 過去の娘も見られるということは、現在、未来の部屋とも繋がっていることを意味します。 それに気づいたクーパーは、現在のマーフに、プレゼントした腕時計の秒針でコンタクトを取りました。 クーパーは、地球を発つ前にマーフの部屋で見たあの現象を、幽霊ではなく自分がしたことだと知ります。 同時に、「地球を救うために選ばれたのは自分ではなく、マーフなのだ」と気づきました。 ガルガンチュアの重力特異点のデータを、クーパーはひたすら送信します。 その頃、地球上ではますます事態が悪化していました。 コーンが全滅して焼き払うことになり、避難を余儀なくされたマーフは、それでも名. 異常気象によって人類滅亡の危機が訪れている近未来。元宇宙飛行士で現在はトウモロコシ農場を営んでいるクーパー(マシュー・マコノヒー)は、NASAの要請に応じてラザロ計画に参加することになる。その計画とは、土星付近に発生したワームホールを通り抜けて、新しい惑星へ人類を移住させるというプロジェクトだった。 クーパーは娘のマーフィー(マッケンジー・フォイ)に「必ず戻ってくる」と言い残し、アメリア博士(アン・ハサウェイ)、ロミリー博士(デヴィッド・ジャーシー)、ドイル博士(ウェス・ベントリー)と共に未知の銀河系に向けて出発する。果たして人類は生き残ることができるのだろうか? ※以下、映画『インターステラー』のネタバレを含みます. 若い黒人男性。 インター ステラー 五 次元 ・ドイル. インター ステラー 五 次元 この映画、宇宙空間及び宇宙での話が多くなるが、土星近傍のワームホールを通り抜けて、別の銀河に人類の新天地を求めるプロジェクト――ラザロ計画はポイントだ。 ワームホールを通過し、第二の地球となり得る惑星を探すミッションとは面白いではないか。現実にそういうことがあってほしい。土星の近くにワームホールが存在するという設定は凄くないか?宇宙船エンデュランスもポイントだ。 この宇宙船には、人工知能ロボットTARSとCASEの二体が乗っている。ここも、将来絶対にありうるところですね。また、凍上した4名の宇宙飛行士の葛藤。 宇宙でのタイムマシン系に関しては、ワームホールを抜けた到着先の水の惑星での一時間は地球の七年間に相当するとか、この惑星での時間の経過の描き方が重要だ。 この惑星から危機一髪でクーパーらはエンデュランスに帰還するが、そこでは23年あまりが経過している。 エンデュランスで主人公の帰りを待っていた隊員はすでにおじいさんになていたのだ。こういうところにも、宇宙での時のパラドックスがあるのだ。. 小型シャトルにも、浸水がありました。排水まで星に留まらねばなりません。 7年の時差があるために気付かなかったのですが、おそらくミラーは先ほどの大波の直撃を受けて、つい数分前に死んだのであろうと、アメリアが言いました。 次の大波が押し寄せる前に、かろうじてクーパーとアメリアの乗った小型シャトルは、星を脱出します。 ロミリーの待つ宇宙船に戻ったクーパーとアメリアは、「23年4か月と8日」地球時間で経過していたと知らされました。 23年分のビデオメッセージがたまっており、息子のトムは高校を卒業してロイスという女性と結婚し、孫のジェシーができていました。 しかし連続再生すると、孫のジェシーは亡くなっており、義父も他界したとクーパーは知ります。 応答がないので、地球にいるトムたちは、クーパーはビデオメッセージを見ていない、あるいは亡くなっていると考えました。 トムは「父のことはあきらめる」と言って、メッセージを録画するのをやめていました。 その次に、すっかり中年になった娘のマーフが録画をしており「通信が届いていた頃は怒っていた。私は今、お父さんと同じ年齢よ」と言っています。 ミラーの星が絶望的だったので、クーパーたちは星から星へ渡る、インターステラーの旅に出ることになりました。 (『インターステラー』=『星から星へ渡る』) 2つの星へ行くほど燃料が残っておらず、どちらかを選択せねばなりません。 クーパーは生存信号のあるマン博士の星を推しますが、アメリアはエドマンズの星を希望しました。 クーパーが打診し、アメリアはエドマンズと恋人同士だと認めます。 人類の存亡に私情を挟んではならないとたしなめ、クーパーはマン博士の星へ行くと決めました。 同じ頃。 インター ステラー 五 次元 地球上では、コーンの栽培もダメになりました。 長男の息子・クープも妙な咳をしています(病気)。 大人になったマーフは、アメリアの父・ブランド教授とともに、重力の研究を行なっていました。 重力方程式が解ければ、スペースコロニーを建設し、そこで地球上の人類を残ることができます。それを、マーフは研究していました。 老齢のために衰弱したブランド教授は、瀕死の床でマーフに重大な告白をしました。 実はブランド教授は重力方程式を解いており、「不可能」という答えを導き出していました。 (プランAは不可能で、プランBの冷凍精子と冷凍卵子の案しか残.

インターステラーという年に公開されていた宇宙ものの映画です。 この映画を通して、出てくるキーワード。 4次元、5次元の世界。 それを知っていく上で必要な 相対性理論の理解。 重力が強い=質量が大きいところでの時間は、地球での時間より遅く進むというのです。 それは、つまり. “彼ら”が設けた土星側のワームホールを通って、そこで居住可能な新たな地球を探すというのがNASAが秘密裏に進めていたラザロ計画という計画であった。後に計画の全貌が明かされることとなるが、クーパー達が遂行するラザロ計画にはプランAとプランBの2つがある。プランAが理想的な計画というやつで、「巨大なスペースコロニーを使って、全人類を移住させる。これには重力方程式の解が必要で、そのためには特異点の観測データが必要」というものである。プランBは種の保存を優先させた計画で、「受精させた卵子を最適な星で人口培養させる」というものでクーパー達はこの裏の計画を聞かされていなかったが、これもラザロ計画の1つである。 旅立つ前に死を覚悟していたクーパーだったと思うが、まさかブラックホールに突っ込むとは思わなかっただろう。宇宙飛行士の誰もがそんなことまで想定していないと思うが、ブラックホールの特異点と事象の地平線という言葉をまず扱いたい。 ブラックホールというとときどき、無限大の質量を持っているものと誤解している人を見かけるが流石にそこまでの質量を持っているわけではない。人間にとって分かりやすいためにブラックホールの基準を太陽質量の○倍と表現することがあるが、10万倍だとかその程度である。もちろんブラックホールの大小によりその質量は変わる。ちなみに「インターステラー」に登場する超巨大ブラックホールのガルガンディアの質量は10万倍ではきかない、文字通り超巨大なブラックホールである。. ※本記事は『インターステラー』の結末に言及しています。 クライマックスをバラしているのはもちろんですが、「一度鑑賞した人向け」に書いてるため鑑賞せず読まれた場合誤解を与える恐れがあります。. さらに話を聞くと、土星の近くに48年前、ワームホール(ワープできる穴のこと)が発生しており、太陽系を離れた別の銀河系にワープできるのです。 ワームホールがなぜできたのかは分からないのですが、人為的な何かが関与しているらしいとして、ブランド教授は「彼ら」と表現しました。 すでに12人の先達者がそのワームホールを使って、居住可能な星を探しに出ています。 12人のうち3人からは、年に1回バイナリ信号で報告があるらしく、それが、クーパーが娘のマーフの部屋で見たものと、関係があるようです。 ブランド教授は「プランA 居住不可能になった地球を脱出し、しばらく宇宙ステーションで人類が暮らす」「プランB 通称『人口爆弾』、冷凍させた卵子と精子を残し、後世で人類を繁殖させる」という2つの道しかないと言います。 後者は、今存在する人たちを見捨てることを意味しました。できれば前者の方法を目指したいと、ブランド教授は付け足します。 宇宙に出て行くと、帰還がいつになるのか、そもそも帰還できるのかすら分かりません。 クーパーは悩みますが、宇宙へ出かけていく決意を固めました。 娘のマーフにもそれを説得しますが、マーフは強く反発します。 クーパーはおそろいの腕時計を用意し、再会の日まで持っておいてくれと言いますが、マーフは嫌がりました。 マーフは自室の本が落ちたのを読み取り、「STAY(留まれ)」と言っていると反対しますが、クーパーは出かけていきます。 宇宙へ旅立ったのは、クーパーをはじめとする、4人の人間でした。 ・クーパー. . 映画「インターステラー」では主人公が宇宙から帰ってきた時に、娘が老衰で死にかけているほど老いてしまっていました。 主人公は五次元時空にいたのかもしれませんね。 まとめ. インターステラーは家族愛に重きを置いた映画だが、宇宙のロマンを考えさせられる様な映画である。 宇宙って凄い。 - SF, ★★★★☆4星映画, 80点~ インターステラー, クリストファーノーラン, ネタバレ, ネタバレ感想, 感想, 映画, 映画ネタバレ, 解説. インターステラーで質問です。五次元の世界とは具体的にどのような世界なのでしょうか? 次元とは方向ですので、3次元は「前後+左右+上下」の3方向の空間です。4次元はこれにもう一つの方向が加わります。方向ではなく時間を一つの次元として「空間3次元+時間1次元=4次元時空間」と.

. 『インターステラー』の前提は、カール・セーガンに紹介されて以来の知人どうしであり、1997年の映画『コンタクト』でも共同した映画プロデューサーのリンダ・オブストと理論物理学者のキップ・ソーンにより考案された 。. 最後は、クーパーが土星の軌道上に建造された巨大スペースコロニー内部の病室で目覚める。 そこで、クーパーは年老いたマーフと彼女の大勢の子や孫たちとともに再会を果たす。 ここにも、宇宙旅行のタイムパラッドクスがある。 クーパーは修理したTARSとともに小型宇宙船に乗ってアメリアを捜索しにコロニーを後にする。 父と子の長い物語だ。結構人間臭い宇宙タイムパラドックス映画となっている。この宇宙飛行士役に、マシュー・マコノヒー。いい味出してます。共演にアン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、マイケル・ケイン。 必見のタイムマシン系宇宙物理理論系SF映画の金字塔でしょうか?!素晴らしい。. 「インターステラー」()5次元は空間、時間、重力、愛情の世界だった! DVD鑑賞記 テネット、映像の謎解きのような難解な作品でした。.

疑問①なぜクーパーがレインジャーを切り離すことでアメリアは脱出できたのか? クーパーは宇宙船エンデュランスをガルガンチュアに接近させ、自分を乗せたレインジャーを切り離すことでアメリアを脱出させることに成功する。実はこのシーンにおいて脱出成功の鍵となった理由として、ブラックホールがカー・ブラックホールであったということが挙げられる。カー・ブラックホールとは簡単に言えば『回転しているブラックホール』である。カー・ブラックホールには事象の地平線の外側にエルゴ球と呼ばれる止まってはいられない領域が存在する。時空が猛烈に回転しているため、止まっていられない。台風のように渦を巻いてる領域である。この領域の時空の回転は確かに凄まじいが、あくまで事象の地平線外の領域なので脱出することが可能である。ただその脱出方法はかなりユニークなものとなるのだがつまるところそれがクーパーのやっていたことなのである。 やっていたことは実に単純なことで、エルゴ球を通過する宇宙船が”ゴミ”を捨てれば良い。放った”ゴミ”が事象の地平線を越えるように上手く投げると、宇宙船は元々持っていたエネルギーよりもさらに大きなエネルギーを持つことが出来るようになる。この回転したブラックホールからエネルギーを取り出す作業はペンローズ過程呼ばれ、理論上ゴミ問題を恒久的に解決するものだと言われている。そのため捨てるものを”ゴミ”と言ったが、要はエルゴ球にはこのような不思議な性質があるため、クーパーの脱出は理論上可能と言えるのである。 インター ステラー 五 次元 疑問②なぜクーパーはブラックホールに突入しても無事だったのか? 最大の疑問にぶつかってみよう。クーパーが突入することになったブラックホールはカー・ブラックホールという種類のもので、エルゴ球という不思議な領域が存在するものであった。さて、まだ議論が途中になっていた潮汐力の話に少し戻りたい。潮の満ち引きに関係する月からの潮汐力は微々たるものだが、流石にブラックホールともなると突入する際の潮汐力も無視できたものではない。しかしブラックホールがガルガンチュアのような巨大なブラックホールであれば、事象の地平線に差し掛かったところでもその潮汐力は大したことがない。 インター ステラー 五 次元 一度事象の地平線に侵入した物体は特異点に真っ逆さまに落ちていく。先にも言った通り、光でもそこから抜け出せないわけだから死のカウントダウンは. 。 ・ロミリー. そもそも『インターステラー』の企画は、『コンタクト』などで知られる映画プロデューサーのリンダ・オブストと、物理学者キップ・ソーンの二人によって、大まかなプロットが作られたことに始まる。 この物理学者キップ・ソーンという人物こそ、本作の超重要なキーパーソン。“アインシュタイン最後の宿題”といわれる「重力波」を世界で初めて検出した功績により、年にノーベル物理学賞を受賞! プリンストン大で博士号を取得し、現在はカリフォルニア工科大学の名誉教授として教鞭をとる、理論物理学界のスーパースターなのだ。 故スティーヴン・ホーキングの学生時代からの友人でもあり、彼とブラックホールが存在するかどうか賭けをして、負けたホーキングがソーンに男性向け雑誌「ペントハウス」1年分を贈ったというゴキゲンなエピソードは、映画『博士と彼女のセオリー』にも描かれている。 そんな物理学界の大物が『インターステラー』の製作総指揮に名を連ねているだけあって、本作には最新科学の情報がテンコ盛り。 映画の冒頭で本棚から本が勝手に落ちるというポルターガイスト的現象が発生するが、これがノーベル物理学賞受賞に至った「重力波」によるものという設定。マイケル・ケイン演じるブランド教授が黒板に書く複雑怪奇な方程式も、キップ・ソーン自らが書いたものなのだ。 だがどーにもこーにも、その科学的描写が観ているこっち側にサッパリ伝わってこない。その理由は、監督のクリストファー・ノーランにある。もともと『インターステラー』の企画に最初に興味を示したのは、スティーヴン・スピルバーグだった。 しかし、パラマウント映画と契約でモメてしまったため、シナリオを担当したジョナサン・ノーランの実兄クリストファー・ノーランにお鉢が回ってくることになる。 拙稿「クリストファー・ノーラン作品は何故、常に賛否両論が渦巻くのか?」でも指摘させていただきましたが、彼は一枚絵としての完成度は高い作家なのだが、「どこで、誰が、何をしているのか」という状況描写をモンタージュ(編集)として還元できないという弱点がある。 『インターステラー』についても、キップ・ソーンによる綿密な科学考証をストーリーの中で消化しきれていない感があるのだ。 『インターステラー』を一見しただけでは内容を咀嚼しきれないのは、ひとえにノーランの演出(不足)によるもの。皆さんの理解力.

インター ステラー 五 次元

email: [email protected] - phone:(502) 360-8603 x 4172

Spotify ダウンロード 違法 -

-> 腕 の しびれ ストレッチ
-> グーグル ホーム 種類

インター ステラー 五 次元 - デュラララ


Sitemap 1

頭 かゆい 糖尿病 -