半導体 業界 地図

Add: ivikinex87 - Date: 2020-11-28 04:27:16 - Views: 7432 - Clicks: 7309

半導体メーカーは半導体の研究・開発、製造を行う企業を指しています。 世界的な代表企業は、インテルやサムスン電子です。 日本の代表企業としては、東芝メモリやルネサスエレクトロニクスがあげられます。 東芝メモリは名称からわかるように東芝系列の半導体メーカーです。 東芝製品に搭載するNAND型フラッシュメモリを中心に製造しているのが特徴です。 ルネサスエレクトロニクスは三菱電機と日立製作所から分社化していたルネサス テクノロジ、NECエレクトロニクスの経営統合によって生まれた大手半導体メーカーで、多様な製品に搭載する半導体を製造しているのが特長といえます。. 新卒採用同様、技術系の募集は多い傾向にあります。 半導体や製造設備の研究開発、製造技術開発、品質検証など、技術系の職種は常に人材を求めています。 同職種のみならず、技術と知識を発揮できるケースもあります。 例えば提案営業などはこれまでの経験とスキルが活かせるため、技術系からの転職も歓迎されています。 転職サイトを見てみるとあらゆる職種が募集されており、自分の経験とスキルを活かせる意外な方向性も見つかるかもしれません。. 半導体 業界 地図 東京エレクトロン 5.

地図 半導体は産業の源泉であり、テクノロジーの最先端です。 いま、5Gや自動運転、AIなど新しいテクノロジーの波が来ていますが、 それらを実現するには、最先端の半導体がないと成り立ちません。 その最先端の半導体も、半導体装置メーカーの技術力が無いと作れないんです❗️❗️ 今回もだいぶニッチですが、半導体装置メーカーランキングのご紹介です。 半導体が出来上がるまでの工程を東京エレクトロンが紹介していたので、 ご興味があれば、御覧ください。 See full list on 半導体 業界 地図 tomunekoblog. 日本の半導体産業は1980年代に全盛を極め、一時は世界市場における国別シェアで5割を占める勢いを見せました。しかし、1986年に日本製半導体製品のダンピング輸出防止を骨子とする日米半導体協定が締結。1991年には日本市場における外国製半導体のシェアを20%以上に引き上げるという内容がこれに付け加えられました。 日米間の半導体貿易摩擦は96年に終結しましたが、この間、PC需要の伸びに支えられインテルがシェアを拡大。韓国や台湾企業の成長もあり日本企業は徐々に競争力を失っていきました。 以後、国内では総合電機メーカーからの半導体部門の分離独立や合従連衡で業界再編が進展。年には三菱電機、日立製作所、NECの半導体事業が統合した半導体専業企業「ルネサスエレクトロニクス」が発足しました。 また1980年代に、NAND型フラッシュメモリーを開発した東芝(社員の升岡富士夫氏が発明)は、紆余曲折を経て年にメモリー事業を分社化し、18年には米国の投資会社が主導する日米韓企業連合に売却。 メモリー専業企業として再生した「東芝メモリ」は現在、NAND型フラッシュメモリーでサムスンに次ぐ世界2位の座にあります。またルネサスエレクトロニクスは自動車や産業分野で強さを見せ、車載用マイコンのトップベンダーです。 近年では、国を挙げ半導体産業振興を図る中国企業の台頭も目覚ましく、世界の半導体市場は競争が激化していますが、日本の半導体産業は開発技術者の育成に長期間を要すると言われるアナログやパワー半導体に強みを持っています。これらは自動車の電装化や、IoT(モノのインターネット)の普及、19年以降商用化が本格化する第5世代移動通信システム(5G)の進展などを背景に、今後、堅調な需要の伸びが見込まれています。また、日本は半導体を製造する装置や材料分野でも強みを発揮しています。. Omdiaは先般、年第1四半期の世界半導体売上高ランキングトップ10を発表したが、日本企業は1社のみランクインしただけであった。そこで改めて. 半導体商社は半導体メーカーの製造した製品を流通させる企業を指しています。 半導体を電機メーカーに納品するだけでなく、情報収集や動向調査、品質管理や数量管理、技術的なサポートを行う場合もあります。 半導体業界は移り変わりが激しいため、なくてはならない企業といえます。 代表的な企業はマクニカ・富士エレホールディングスや加賀電子です。 マクニカ・富士エレホールディングスは半導体国内最大手で、加賀電子は独立系企業としてあらゆる製品を取り扱う企業です。. 4%) 財務基盤も安定しており、自己資本比率は60%以上をキープ。 ROEは20%超えです。 コロナの影響で直近、急落していますが今後も成長を続けていく事が見込まれます。 コロナの第二波で再度急落したら、仕込みたいと思ってます。笑 ※投資は個人の判断にてお願いします。. 業界ビジネスモデル(解説、kfs、リスク) /06/27更新. スマートフォン(スマホ)やPC、ゲーム機、テレビなど私たちの身の回りにあるエレクトロニクス製品にはすべて「半導体」が入っています。 半導体とは、本来は物質の電気伝導性を示す性質そのものを指す言葉で、スマホなどに搭載されているのは正しくは「半導体を使った電子回路(半導体デバイス)」です。しかし近年は製品そのものを半導体と呼ぶことが一般的になっています。 半導体には、プロセッサやメモリー、アナログICなど複数の種類があり、PCなどの電子機器がスムーズに動作するための重要な役割を担っています。 たとえば、プロセッサ(CPU)は人間の頭脳に相当し計算処理を行います。メモリーは情報を記憶する役割を果たします。このほか通信用や、電源用、ディスプレイ駆動用、イメージセンサーなど多岐にわたり電子機器の高性能化や小型化、低消費電力化に大きく寄与しています。 米国の半導体関連の調査会社ICインサイツによると、電子機器の製造原価に占める半導体の割合は年々拡大しており、年は30%を超えました。.

. 日本の半導体装置メーカーはTOP10に4社も入っています❗️ (TOP15だと8社) かつて日本は半導体の技術大国でしたが、韓国/台湾など他国の台頭により失速、撤退を余儀なくされています。 しかし半導体装置においては、いまでもトップクラスの技術力を誇っています。 なぜ半導体装置は、半導体と違い日本は生き残れているのでしょうか? あくまで私の見解ですが、日本が”メカトロニクス”に強い事が挙げられそうです。 ※メカトロニクスとは、機械/電気/電子/情報工学を融合させたもの 半導体装置は、複合産業であり、装置の中にはモーターや電子基板、 メカ的要素がぎっしり入っています。 それらを正確に、精度良く動かすのにはノウハウや技術力の蓄積が必要です。 一種、日本人の気質が”メカトロニクス産業”にあっているのかもしれません。 その根拠に、同じく複合産業の自動車、産業用ロボット業界などでは、 日本メーカーは世界のリーディングカンパニーです。 (トヨタ/ホンダ、ファナック/安川しかり). 半導体メーカーの営業であれば電子機器メーカー、半導体製造装置メーカーであれば半導体メーカーなど、クライアントに自社製品の提案を行い、利益を生み出す職種です。 大事なのは顧客ニーズの把握と提案力といえます。 国内にとどまらず、海外マーケットを相手にした営業活動も求められるでしょう。 売って終わりではなく、クライアントと自社を結ぶ窓口となりアフターフォローも大事になってきます。. 年も、半導体業界の“m&aの嵐”がやむことはなかった――。年年末企画として、ことし1年間に半導体業界で繰り広げられた買収劇(16件. Business Journal > 連載 > 湯之上隆「電機・半導体業界こぼれ話」 > 半導体って何?絶対にわかる解説 絶対にわかる解説 NEW.

一昨年より半導体業界が忙しいという話をお客様からよく伺います。半導体業界の市場規模も下記の表を見て頂くとわかるように年々拡大傾向です。半導体業界とはどういう業界か?また、なぜ好調なのか?調査しました。 EE Times Japan 記事参照 半導体とは ご存知の方も多いと思いますが、まず. 半導体・液晶製造装置業界(東京エレクトロン、荏原製作所、アドバンテスト、SCREENホールディングス、アルバック)の最新の業績(伸び率の総合点、社員数の伸び率の総合点の平均値や対象企業数など)、半導体・液晶製造装置業界に属する企業、半導体・液晶製造装置業界の売上ランキング. 半導体業界は最先端技術を支えている業界ともいえ、時代の流れとともに成長を続けてきた業界でもあります。.

年から年にかけて半導体メーカーのM&A(合併・買収)が進みました。 NXP、Avago、Freescale、Linear、Freescale、Linearなど世界の半導体大手がM&Aを積極的に行い、この流れは現在も続いています。M&Aにより、企業規模を拡大し、グローバル市場での競争力を高める狙いがあります。 半導体メーカーのM&Aを受け半導体商社も経営統合に乗り出し、日本ではマクニカと富士エレクトロニクスが年4月に経営統合して「マクニカ・富士エレホールディングス」を設立。UKCホールディングスと加賀電子の統合も持ち上がりましたが、最終的な合意には至らず、UKCはバイテックホールディングスと経営統合し年4月から新会社「レスターエレクトロニクス」を立ち上げます。 半導体商社間に加えて、それぞれの商社はソフトウエア企業やSI(システムインテグレーター)ベンチャー企業など、自社の技術力や営業力を強化するためのM&Aを続けている現状にあります。 日本の半導体メーカーは家電製品全盛のころにはシステムLSIなどで優位性を発揮してきましたが、パソコン、携帯電話はじめデジタル製品普及に伴ってコスト競争力を失い、現在では世界ベスト15に入るのは東芝メモリー1社という状況です。 半導体商社のシェアは、世界では1位アロー・エレクトロニクス(米、年間売上高約3兆円、)2位アヴネット(米、年間売上高約2兆円、)3位WPG(台湾、年間売上高約2兆円、)と続きます。 これに対して日本の上場半導体商社の年3月期売上高では1位マクニカ・富士エレホールディングスが約5,040億円、2位丸文3,480億円、3位UKCホールディングス3,014億円と続き、以下は3,000億円台、特に2,000-1,000億円に集中しているのが特徴です。 上場半導体商社23社の売上高は電波新聞社調べで約4兆3,000億円(年3月期実績)。年3月期は為替も安定して推移したことから一部を除いて増収増益を計上し、中には過去最高業績を更新した商社もありました。 年3月期は中国経済の減速の影響を受け減収減益見通しの商社が大半を占めています。 ※電波新聞社調べ. 半導体業界は、近年大手メーカー同士の合併など、業界再編の動きが加速しています。 また、これまで業界を牽引し続けてきたIT分野だけではなく、今後は自動車や医療、産業インフラ、さらには宇宙航空産業の成長に伴う需要拡大が見込まれます。. · 半導体を製造するために必要な半導体製造装置は、半導体産業全体の約15%程度と大きな市場で、半導体製造装置産業は日本と米国だけで約80%のシェアを占めている(*1)半導体業界の成長ドライバーの多様化で半導体etf株価もitバブル期の高値まで一. レーザーテック 6. 半導体とはスズやシリコンのように、電気を通す「導体」と電気を通さない「絶縁体」の中間的な性質を持っている物質です。 その半導体を利用した電子部品を製造しているのが半導体業界です。 本来は物質のことを指しますが、「半導体部品=半導体」という認識が一般的になっています。 半導体はエアコン、テレビ、スマートフォンといった身の回りの電気製品から、ATMや自動車、電車運行システムなど生活に欠かせないものにまで使われており、重要な役割を持っている部品といえます。 半導体 業界 地図 以前は自社で半導体を設計・製造しているメーカーがほとんどでしたが、近年は分業化も進んでいます。 半導体の設計を行う会社、設計した半導体を製造する会社、半導体の製造装置を開発する会社、半導体の流通を担う会社など、専門的に行う会社も増えています。 職種としては設計・研究開発職、評価・検証職、営業職などがあります。 半導体業界は電気製品などに欠かせない部品を製造しているため、世の中の変化に左右されやすい業界であるといえます。 消費が落ち込めば当然部品の需要も減少しますし、新技術や新商品、新サービスが爆発的に伸びれば業績も右肩上がりになる時もあるでしょう。.

6%。営業利益率ではないです、”当期純利益率”です。 (半導体装置業界は総じて当期純利益率は高め。東京エレクトロンの場合、19. 地図 そもそもですが半導体業界には、「シリコンサイクル」と呼ばれる好況/不況の波が存在します。 これを説明する図は下記となります。 仮に右上を始まりとすると、 品不足により価格が安定 ⇨半導体メモリの増産(右下) ⇨供給過剰となり、価格が暴落(左下) ⇨半導体メモリの減産(左上) ⇨減産によって品不足となり、最初(右上)の状態に戻る リーマンショック後、半導体業界は急進し、年まで伸び続けていました。 従来のシリコンサイクルを超えての好況だったため、「スーパーサイクル」とも言われていました。 しかしそれも束の間、年にはピークアウトし、年は大幅下落に繋がっています。 ※半導体が活況だったのは、仮想通貨マイニングバブルやスマホ需要の増大、 データセンター向けメモリの需要増が要因と言われています。. 新型コロナウイルスの感染拡大をうけ、世界経済の減速が続く中、実は勢いを維持しているのが半導体製造装置業界である。年度に業界を悩ま.

5%減少しており、 半導体装置業界としては厳しい年となりました。 年~年には半導体業界全体が絶好調であったため、 装置メーカーも最高額を記録しています。 年には、次世代装置(10nmプロセス)への投資が見込まれることから、 装置需要は回復し、年には過去最高額を更新すると予測されています。 ※半導体は、18ヶ月のスパンで集積度が2倍、性能を上げると共に低消費電力化、コスト減すると言われています。 半導体 業界 地図 これをムーアの法則と言います。. 世界半導体市場統計(WSTS)や半導体専門の調査会社が半導体売上高を下方修正したことからわかるように、半導体業界は世界的に不況といわれています。 メモリ市場や電化製品市場の停滞や、世界経済の先行きを不安視しているのが原因とされています。 しかし今後は、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)に次世代通信などが浸透してくると考えられており、業界全体として上向いていくと予想されています。. 九州半導体・エレクトロニクスイノベーション協議会 〈お問い合わせ先〉 〒福岡市博多区博多駅東2丁目15-19 KS・T駅東ビル302号 TELFAX. 半導体や半導体製造装置の品質をチェックする職種です。 半導体そのものであれば製品の不具合を調べたり、半導体製造装置であれば合格レベルの製品を作れているかを検証したりします。 製品のチェックだけでなく、工程の評価・検証、不具合発生時の対策考案、品質向上のためのフロー策定も行います。 そのため半導体についての高い知識も必要な職種です。. 半導体業界には、一発当てれば利益が大きくなるという特徴があります。 世界半導体メーカーの最大手である米インテルは創業当時の1960年代には誰にも知られていないような小さなベンチャー企業でした。. . シリコンウエハ業界(信越化学工業、SUMCO、トクヤマ、大阪チタニウムテクノロジーズ、RS Technologies)の最新の業績(伸び率の総合点、社員数の伸び率の総合点の平均値や対象企業数など)、シリコンウエハ業界に属する企業、シリコンウエハ業界の売上ランキング、業績の伸び率ランキング、関連. 半導体の用途といえば、PCなどコンピュータ向けのイメージが強いですが、SIAによれば年実績では通信分野が32%で最大です。年にアップルの「iPhone」が登場して以来、スマホは半導体市場成長の原動力の1つになっています。 近年は市場の成熟化や、買い替えサイクルの長期化などでスマホ出荷の伸びは減速していますが、高機能化や端末1台当たりに搭載されるメモリー容量の増大で、スマホ向けは今後も堅調な伸びが期待されています。 コンピュータ向けの半導体売上高は全体の30.

半導体や製造装置の設計や開発などを行う職種です。 製品そのものはもちろん、材料や製造工程、組み込む基盤まで考慮するケースもあります。 変化の激しい半導体業界ですので、ニーズを組み込みつつ高いパフォーマンスを発揮する製品開発を行います。 また、時代を見据えた次世代の製品開発を行う場合もあり、最先端技術を手がけられる喜びがあるでしょう。. 近年、半導体装置メーカーの中で超絶成長してきているのが、レーザーテック(日本)です。 半導体装置の中でもニッチ(隙間)な欠陥検査装置では、 レーザーテックが世界シェア100%を占めています❗️❗️ (100%ってスゴすぎ!) 年6月期まで3期連続で売上高と純利益が過去最高を更新し、 この3年間で株価も約8倍に急伸しています。 好業績を引っ張るのは、売上高の約半分を占める「半導体マスク」関連の検査装置で、世界シェアは約80%。 特にマスクの材料になる「マスクブランクス」の欠陥検査装置では前述の通り世界シェア100%。 ※半導体のマスクとは、微細な電子回路を半導体ウエハーに転写するための原版で写真のネガフィルムのようなもの。 これに少しでもゴミが付いていると製品欠陥につながってしまう。 業績は過去4年間、右肩上がり。 当期純利益率は、驚異の20. 半導体業界の再編の歴史 年06月19日 17:12; 年6月 半導体大手の独インフィニオンテクノロジーズが同業の米サイプレスセミコンダクタを90億ユーロ(約1兆880億円)で買収。インフィニオンの18年9月期の売上高は76億ユーロ。. 半導体市場で、日本勢がシェアも競争力も保っている分野が「パワー半導体」だ。電気自動車をはじめとする、xEV(次世代車)の需要の大きな.

「半導体メーカーと電気・電子機器メーカーの中間商流を担う」半導体はさまざまな電気・電子機器に用いられ、かつてのアナログと呼ばれた時代からデジタル社会への転換をもたらしました。私たちの暮らしや産業も、今や半導体によって便利さと豊かさを享受していると言っても過言ではありません。 半導体商社は、半導体メーカーから半導体製品を仕入れて電気・電子機器メーカーに販売する中間商流の役割を担っています。 半導体は用途によってさまざまな種類があり、電気・電子機器メーカーにとっては、1社の半導体商社に発注すれば、複数メーカーの半導体製品がそろう便利さがあります。 半導体商社は、かつては半導体製品や電子部品のみを扱っていましたが、半導体の単価が下がったことで半導体単品ビジネスでは成長が望めないことから、事業の多角化や扱い製品の拡大、さらには中間商流から機能を拡大してきました。最近は「組込みシステム(Embedded System)」と呼ばれる半導体とソフトウエアを組み合せてシステムで販売したり、電気・電子機器メーカーの生産を受託する「EMS(Electronics Manufacturing Service)」事業、さらには生産に用いる工場設備や産業用ロボットの販売など、機能の多角化が進んでいます。 また中国や東南アジア、更には欧米にも営業拠点を設けて事業のグローバル化を進める商社も増え、日系の海外進出企業のみならず、現地ローカル企業に向けたビジネスの拡大に取り組んでいます。 こうした商社機能の拡大の伴ない半導体商社を「エレクトロニクス商社」と呼称するケースも増えています。. 売り上げのほとんどを半導体関連の事業で構成されている企業です。 半導体製造装置の開発・製造に力を入れており、製品ラインナップも豊富な上に技術サポートにも定評があります。 ・創業:1963年(昭和38年) ・資本金:549億円(年3月末日) ・連結売上収益:12,782億円(年3月期) 半導体 業界 地図 ・連結従業員数:12,742名(年3月末日) 東京エレクトロンホームページ. 半導体は私たちの生活に不可欠な存在です。普段直接目にすることはありませんが、家電やスマートフォン、自動車などに含まれる重要な電子部品の1つです。現在はIoTが加速しており、まさに半導体業界にとって大チャンスと言える状態が続いています。しかし今回は半導体そのものではなく. 半導体商社は、中間商流にあって顧客である製造メーカーなどには便利な存在であることは今後も変わりはありません。 半導体メーカーは「商権(販売する権利)」を商社の実績に応じて、他社に変更することもドラスティックに行います。突然売り上げが数100億円単位で変動することもしばしばです。 ネット販売も今後ますます増えてきており、中間商流の存在に対する議論も出始めています。「半導体単品の販売だけでは生き残れない」という点で半導体各社経営トップの考えは一致しています。 経営統合、事業のグローバル化、成長分野に向けた新規商材の発掘と拡充、EMS事業の拡大、IoTやAIを踏まえた技術力の強化など、さまざまな課題をどのように対応していくかがこれからの市場競争に勝ち残るカギと言えます。 半導体市場はこれまでのパソコンや携帯電話だけのシングルドライバーで引っ張っていた時代から、牽引者にICAC5(IoT、Cloud、AI、Car、5G)が加わり、新たな需要を創造する、と言われています。これらマルチドライバーをどのように自社の経営戦略に取り込むか、各社それぞれに独自性のある取り組みで成長を模索するものと予測されます。. 半導体市場動向.

分業化の進半導体業界は、それぞれの工程に特化したメーカーも存在しています。 半導体を製造するための装置製造メーカー、完成品の検査装置製造メーカー、半導体のもととなる材料を扱う材料メーカーなどがあります。 装置メーカーは東京エレクトロン、検査装置メーカーはタカノ、材料メーカーは日立化成などが代表的な企業として挙げられます。 世の中と半導体ニーズの多様化が進む近年において、特定分野に特化したメーカーと協力し合うことで品質の向上や自社のコストダウン、効率化を実現し製品供給を行っています。. 半導体業界の規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することができます。 年-年の半導体業界の業界規模(主要対象企業38社の売上高の合計)は7兆9,559億円となっています。. See full list on careergarden. 半導体市場の活況が続いています。スマートフォン(スマホ)など携帯端末の高機能化に加え、あらゆるモノがインターネットにつながるIoTや人工知能(AI)、自動運転などの次世代技術の登場で需要増が見込まれ、関連企業の設備投資やM&A(合併・買収)が活発になっています。今回は. 何度か記しているように、IoTやAI、クラウドやVRなど新しい技術が広まってきています。 まだまだ世間に浸透しきっていませんが、それらの技術を活用するための機器に半導体は重要な役割を果たす部品です。 中でもIoTは注目度が高いといえます。 モノのインターネットを指すIoTは電化製品のみならずライフスタイルそのものを変えてしまう技術です。 産業機器であれば部品単位でインターネットとつながることが可能になり、生産性の管理もリアルタイムで簡単にできるようになります。 またパーツ消耗といった数値も容易にデータ化できるため、効率的で安定した生産にもつながります。 それらを実現するには半導体が必要不可欠なため、昨今注目を集めている技術です。. 日本半導体製造装置協会(seaj)は、中国や韓国の半導体製造装置メーカーの成長が、日本の製造装置業界の脅威となりつつあることを踏まえ、「. com 馴染みのない企業ばかりで、よくわからないと思いますので、 各メーカーの概要です。 ※ちなみに半導体は製造ステップがいくつもあり、 それぞれで専用の装置が必要です。各社強みが異なります。. 半導体業界のキャリア採用は増加傾向にあります。 募集しているのは技術系の職種が圧倒的に多く、各企業、エンジニアが不足しているのがわかります。 そのニーズを反映しているかのように、募集条件に「未経験者歓迎」を含めているのは少ない傾向にあり、即戦力としての人材を求めているようです。 半導体の技術職経験はないとしても、半導体業界以外で技術系の実務経験はあった方が転職も有利に進められるでしょう。.

本稿ではその辺りも含めて「今、半導体業界を取り巻く環境で何が起きているのか」を詳らかにしたい。 きっとそれが欧州で感染拡大が再び始まり、どうやら長引きそうな新型コロナウイルス・COVID-19との戦いの中で、適切な投資リターンを上げていく近道. こちらの記事では、半導体業界について の「現状」・「今後の展望」を解説致します。 一時期非常に景気が良かった半導体業界ですが、現在は価格競争の激しさから衰退が激しく国内企業も規模縮小を余儀なくされています。. 半導体業界の仕事と 業界再編って? 電化製品や自動車、産業機器など、様々な製品に搭載される半導体ですが、製造や販売を行う「電機メーカー」や「産業機器メーカー」「自動車メーカー」といった各製品のメーカーが独自に半導体を開発することは多くありません。.

半導体は電気製品になくてはならない部品です。 そのため業績の上がり下がりはあるにせよ、常にニーズのある業界といえます。 加えて技術の進歩により、半導体の役割も多様化しています。 近年でいえばクラウドサービスやIoT、AIといった新サービスや技術に対し、ニーズに合わせた開発も必要になってきます。 AIの場合、画像処理や学習機能をつかさどる技術に対し半導体を最適化しなければいけませんし、IoTであればセンサーの数も格段に増えるため、コストを抑えつつ耐久性向上といった要求も見込まれます。 このように世の中が便利になればなるほど半導体業界の役割も増え、成長し続けると考えられています。 社会的ニーズに合わせて自分の力を発揮できる喜びを感じられ、達成感が高い業界といえます。.

半導体 業界 地図

email: [email protected] - phone:(575) 518-3486 x 8017

レシーバー ズ ポンポン ヘッド - 生まれつき

-> たか なし 愛
-> 野良猫 姫

半導体 業界 地図 -


Sitemap 2

肝臓 復活 - スーパー